ポリウレタンの市場規模、2028年に1,029億1,680万米ドル到達予測

ポリウレタンの市場規模は、2021年に549億1,709万米ドル、2028年には1,029億1,680万米ドルに達すると予測されており、2020年から2028年にかけて9.4%のCAGRで成長することが見込まれています。ポリウレタンは、カルバメート結合で結ばれた有機ユニットからなる熱硬化性ポリマーで、加熱しても溶けません。また、軽量で耐腐食性があり、弾性に富み、かなりの強度を持ち、紙、ガラス、金属の代替品となります。高い機械的強度により、ポリウレタンは断熱材として、また自動車部品の金属の代替として使用されています。ポリウレタン市場は、自動車、包装、家具、履物、その他の最終用途産業において、軽量で耐久性のある材料の特性から成長が見込まれています。さらに、高性能な内装部品としての需要や、バイオベースのポリウレタンの採用は、市場で活動する主要企業に成長機会を提供しています。一方、原材料の変動や発展途上国の景気後退が、製品の販売に影響し市場の成長を妨げています。

2020年のポリウレタン市場は、アジア太平洋地域が最大シェアを占めました。同地域におけるポリウレタン市場の成長は、主要な市場プレーヤーの存在によるものです。Era Polymers社は、オーストラリアの企業で、ポリウレタン化学の分野を専門としており、顧客サービスを含めた優れた製品品質で高い評価を得ています。Aekyung Petrochemicalのような会社は、ポリエステルポリオール、発泡剤、難燃剤、触媒などのポリウレタンの主成分からなるポリウレタンシステムと呼ばれるカスタマイズされた混合製品を製造しています。同社のポリウレタンシステムベースの硬質ポリウレタンフォームは、優れた断熱性と難燃性を備えています。化学製品や製造業は、最も急成長している産業であり、国際的な企業にとって大きな市場の可能性を秘めています。また、環境に優しい熱可塑性ポリマー材料の開発も、市場の成長を促進しています。

現在進行中のパンデミックは、プラスチックポリマー産業の状況を大きく変え、ポリウレタン市場の成長にも悪影響を及ぼしています。COVID-19の発生により、業務効率がさらに悪化し、バリューチェーンが混乱し、収益に損失が生じています。さらにこの混乱は、原材料の供給にも悪影響を及ぼしています。しかし、経済が活性化すれば、ポリウレタンの需要は世界的に上昇すると推定されます。消費者が商品をオンラインで注文する傾向が高まっているため、包装業界はこの需要にダイナミックに貢献しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]