医療情報交換の市場規模、2028年に33億2,698万米ドル到達予測

医療情報交換の市場規模は、2020年の14億1,156万米ドルから、2028年には33億2,698万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて11.4%のCAGRで成長すると予測されています。医療情報交換(HIE)とは、医療情報を電子的に展開し、地域社会をつなぎ、患者の健康記録を確実に提供するために不可欠です。医療情報交換市場の成長は、EMR・HERシステムの導入に対する政府の支援や、医療費の最適化が重視されていることが主な要因となっています。しかし、データセキュリティとプライバシーに関する懸念が市場の成長を妨げています。

医療情報交換市場は、COVID-19パンデミックの状況下で大きな成長を遂げています。これは、データ転送のため、医療ITインフラの利用が重視されていることや、その使いやすさ、コストの最適化などの要因が、パンデミック時の医療情報交換の導入を促進しているためです。例えば、2020年3月、HealtHIE Nevada(米国)は、COVID-19パンデミックの開始時以降、患者データの交換を36%増加させました。患者数の増加に伴い、複雑な患者データを管理するEMRやEHRプラットフォームへの需要が高まり、結果的にパンデミック中の市場成長を加速させました。

医療情報交換市場の成長を促す、医療コストの最適化

電子的な医療情報交換(HIE)のコンセプトは、患者ケアの質、スピード、安全性、コストを改善することです。患者の健康情報への効率的なアクセスは、医師が健康データを電子的に共有することを可能にし、不要な紙の記録の処理を回避することができます。さらに、医療情報交換により、診察時に患者の病歴、服用中の薬、その他の健康情報を同時に確認することを可能にし、患者の記録の完全性を向上させることができます。さらに、患者の情報をタイムリーに共有することで、より良い意思決定が可能となり、再入院、投薬ミス、再検査のリスクを回避することができます。

多くの医療関係者は、EHRが診療の効率性、機能性を増し、コストを削減することで、診療所経営の改善に役立つことを知っています。医師を対象とした最近の調査によると、EHRは転記、保存、文書化のコストを削減すると報告されています。また、2020年にAmerican Care of Managed Care誌に掲載された研究によると、先進的なEHRを導入している病院で治療を受けた患者は、導入していない病院に比べて、約9.66%少ない金額で治療を受けることができたと報告しています。さらに、クラウドベースのソリューションの採用や、隠れた費用の削減などにより、コスト面で大きなメリットを得ることができます。医療情報交換が提供するこのようなメリットは、今後の市場の成長を加速させると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]