医用画像の市場規模、2028年に330億252万米ドル到達予測

医用画像の市場規模は、2020年の239億188万米ドルから、2028年には330億252万米ドルに達し、2021年から2028年の間に4.3%のCAGRで成長すると予想されています。医用画像とは、デジタルヘルスにおける診断や治療を目的として、人体のさまざまな部位の画像を作成するための技術やプロセスを指します。医用画像には、X線撮影、透視、MRI(磁気共鳴画像)、超音波検査、内視鏡検査、エラストグラフィ、触覚画像、サーモグラフィ、医療用写真、PET(ポジトロン・エミッション・トモグラフィ)などの核医学機能画像技術など、さまざまな放射線画像技術が含まれます。医療用画像処理は、あらゆる医療現場、あらゆるレベルの医療において重要な役割を果たしています。医用画像の使用は、医師がより正確な診断を下し、適切な治療を決定するのに役立ちます。医用画像がなければ、デジタルヘルスにおける診断と治療を正確に行うことは非常に困難です。病気の早期診断に対する需要の高まりと、臨床応用の範囲の拡大、高齢者人口の急増とそれに伴う疾患の増加、画像診断業界における技術の進歩などの要因が、医用画像市場の成長を促進しています。 

技術的に進歩したシステムの導入

医用画像は、診断プロセスに不可欠な要素です。超音波、MRI、CTスキャンなど、放射線科医は医用画像を利用して病気を適切に診断・治療します。また、医師は、患者の治療方法において特定の治療が効果的であったかどうかを判断するためにも、医用画像技術を利用します。過去数十年の間に、必要不可欠な研究と技術の進化により、医用画像技術は数多くの進歩を遂げてきました。このような進歩は、正確な診断を行い、患者の治療を向上させる上で非常に重要であり、ITとデジタル技術とが相まって、患者へのケアの提供と実行を効率化します。人工知能(AI)は、医療業界のさまざまな側面の改善に貢献しており、医用画像技術はその中でも大きな恩恵を受けてます。AIは、病気を早期に発見し、診断と早期治療を導くため、高度な画像処理装置に利用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]