上皮細胞培養培地の市場規模、2028年に3億304万330米ドル到達予測

上皮細胞培養培地の市場規模は、2020年の1億2,815万5,950米ドルから、2028年には3億304万330米ドルに達し、2021年から2028年にかけて11.4%のCAGRで成長すると予測されています。上皮細胞は、体表面を覆い、体腔や中空の器官、腺の主要組織も覆い、体全体に広く存在しています。この細胞は、保護、吸収、分泌、排泄、拡散、ろ過、感覚の受容などの機能を果たしています。また、疾患モデル、毒性研究、創薬などに広く利用されています。上皮細胞培養培地市場の成長は、上皮細胞の用途の増加や上皮細胞研究への資金提供の急増などの要因に起因しています。しかし、汚染や誤認のリスク、細胞株のランダムな変化などが市場成長の妨げとなっています。

上皮細胞研究への資金提供の急増

慢性疾患の新たな治療法を発見するための、上皮細胞の研究プロジェクトを支援する多額の資金援助が、上皮細胞培養培地の需要を押し上げています。例えば、米国の国立衛生研究所(NIH)は、ケンタッキー大学で実施された2013年から2016年の3年間の研究プロジェクトに資金を提供しました。同研究所は2014年に30万7,395米ドルの資金を付与し、上皮性幹細胞の成長と分化を刺激し、大腸がんのリスクを高める大腸炎を制御するプロセスを調べました。

2018年、UCLA Eli and Edythe Broad Center of Regenerative Medicine and Stem Cell ResearchとStein Eye Instituteの科学者は、失明の恐れのある網膜疾患に対する新しい治療法の開発を進めるために、カリフォルニア再生医療研究所から510万米ドルの資金を獲得しました。このプロジェクトでは、失明した患者の皮膚細胞を用いて自己多能性幹細胞を作製し、目の疾患で失われる網膜色素上皮細胞を導き出すことを目指しています。

また、大阪大学では、マウスの口蓋垂閉鎖時の鼻中隔における上皮細胞の挙動を観察する研究が、日本学術振興会の科学研究費補助金の支援を受けて行われました。このような上皮細胞を用いた研究プロジェクトへの助成金の増加が、上皮細胞培養市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]