マスター患者インデックスソフトウェアの市場規模、2028年に16億7,886万米ドル到達予測

マスター患者インデックスソフトウェアの市場規模は、2020年の7億7,636万米ドルから、2028年には16億7,886万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて10.3%のCAGRで成長すると見込まれています。MPI(Master patient index)は、病院や医療機関にとって必要不可欠な重要な機能です。膨大な患者のデータベースを管理するために、MPIソフトウェアやシステムが使用されています。MPIソフトウェアやシステムは、組織レベルで患者の普遍的なアイデンティティを維持するために、電子カルテ(HER)に組み込まれた主要な機能です。MPIは、複数のデータベースから患者の記録を接続し、患者データの重複を減らすのに役立ちます。また、MPIは、データの不正確さによる不適切な治療の回避にも役立ちます。

市場は、タイプ、展開、地域別に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米に分類されています。COVID-19パンデミックの影響で、医療サービスが先延ばしにされていることや、医療業界のデジタル化が進んでいることから、今後は、市場が大きく成長する可能性があると推測されます。

患者の臨床データ、財務データ、人口統計データの維持・管理

医療分野の継続的な発展に伴い、医療従事者はワークフローを容易にするため、医療ITソリューションを採用しています。MPIソフトウェアは、すべての患者に固有の識別番号を割り当て、この番号によって、患者の正確な情報を維持し、患者のデータを自動で管理することができます。MPIソフトウェアは、病院、リハビリテーションセンター、薬局、その他の医療機関の間で患者データの交換を可能にします。交換されたデータへのアクセスは、単一の医療記録に対する識別番号によって可能となります。

このソフトウェアは、人口統計学、データ入力時のエラー、不完全な証明など、いくつかの要因によって発生する可能性のある、患者の情報の重複を回避します。正確性を確保することで、医療機関や施設センターは、患者が施設を再訪した際に過去の記録を追跡することができます。医療機関は、自動化された患者管理に依存しており、医療情報の交換と、患者管理ソリューションへの必要性が、MPIソフトウェアの需要を押し上げています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]