電子カルテ(EHR)の市場規模、2028年に203億1,802万米ドル到達予測

電子カルテ(EHR)の市場規模は、2020年の140億5,405万米ドルから、2028年には203億1,802万米ドルに達し、2021年から2028年の間に4.9%のCAGRで成長すると予想されています。電子カルテは、患者を中心としたリアルタイムのデジタル記録であり、許可された医療従事者が、患者のデータを即座かつ安全に利用できるようにしたものです。この記録は、患者の病歴、投薬、アレルギー、治療計画、診断、予防接種日、放射線画像、臨床検査結果などに関する情報で構成されています。電子カルテ導入の増加、連邦政府によるインセンティブの増加、投薬ミスの発生率の高まりなどが、同市場の成長を促進しています。

拡大する投薬ミスの発生

医療ミスは、医師や医療機関が一番直面したくないシナリオです。多くの医療従事者、消費者、患者は、医師も人間であり、時にはミスを犯すことがあると認識しています。一方、ほとんどの医療従事者は、患者のケアシナリオのすべての面で正確性を確保するための対策を講じています。しかし、残念なことに、毎年何千人もの人々が何らかの医療ミスを経験し、予防可能な死も経験しています。ジョンズ・ホプキンス大学が行った最近の調査によると、医療ミスは米国の死因の第3位にランクされています。さらに、驚くべきことに、8年間の調査で蓄積されたデータによると、医療ミスが原因で年間約25万人が死亡しています。CDCの別の調査では、薬物有害事象だけで年間30億米ドル以上のコストがかかっていることが強調されています。2014年の時点で、薬物有害事象は全米の死亡原因の第6位となっています。今日における課題は、潜在的なエラー、特に薬物調整によって防ぐことができる薬物エラーを事前にキャッチすることと言えます。電子カルテシステムは、自動化された人工知能をサポートしており、時には膨大な患者のケアファイルをふるいにかけることもあります。例えば、少し前までは、慢性疾患を持つ患者は、数百ページにも及ぶ紙の記録を持っていたかもしれません。しかし、電子カルテシステムは、現在および過去の処方箋、臨床検査、治療計画、診断、医療処置のデータを分析し、さらには、特定の薬を服用する際に患者が避けた方がよい食品までも提示することができます。この統計は、医療ミスのほとんどが、医師の配慮不足、不注意や不正行為によって起きたのではなく、むしろ、コミュニケーションの欠如や、医療記録へのアクセスの欠如により引き起こされたことを強調しています。電子カルテ・電子医療記録技術の開発は、データの共有と、医療チームの誰もがすぐにアクセスできることで、より協調的なケアを可能にし、医療ミスを減らすのに役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]