在宅医療の市場規模、2028年に6,215億6,589万米ドル到達予測

在宅医療の市場規模は、2020年の3,151億3,927万米ドルからCAGR8.9%で成長し、2028年には6,215億6,589万米ドルに達すると予測されています。在宅医療は、在宅介護の現場で病気を治すための幅広い医療サービスから成り立っています。その目的は、患者の病気や怪我を治療し、健康状態を改善することにあります。これらのサービスは、より便利で安価であり、慢性疾患や重篤な病気、高齢者の治療、患者の栄養療法などに有効です。在宅医療市場は、適応症、製品タイプ、サービス、地域別に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米に分類されます。

在宅医療市場の成長は、慢性疾患の増加、高齢者人口の増加、医療機器産業の発展などに起因しています。国連の推計によると、2060年には高齢者人口が18億人に達し、世界の総人口の17.8%を占めるようになると言われています。心血管障害、糖尿病、自己免疫疾患と、様々な種類の癌や神経疾患などの慢性疾患は、世界中で死亡や障害の原因となっています。これらの臨床症状は、患者の生活の質全般に影響を及ぼします。世界保健機関(WHO)によると、世界人口の50%以上が少なくとも1つの慢性疾患を患っていると推定されています。米国疾病管理予防センター(CDC)によると、2019年、米国では10人に6人が少なくとも1つの慢性疾患に苦しんでいるとされています。多忙なライフスタイルを原因とする心血管疾患(CVD)は、高い死亡率の原因となっています。糖尿病は生命を脅かす疾患の一つであり、身体のさまざまな部位に合併症を引き起こし、死期を早めるリスクがあります。国際糖尿病連合(IDF)によると、2019年には4億6,300万人の成人が糖尿病を患っており、2045年には7億人に達すると予想されています。米国、日本、韓国、カナダ、英国、スペイン、フランスなどの国では、老年人口の増加が顕著に見られます。さらに、上記の国々に加え、中国、インド、サウジアラビア、UAE、ブラジルなどの発展途上国は、革新的な機器を提供する在宅医療プレーヤーにとって大きな成長機会となります。同時に、遠隔医療やmHealth技術の導入が進んでいることも、在宅医療市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]