非侵襲的美容治療の市場規模、2028年に186億5,654万米ドル到達予測

非侵襲的美容治療の市場規模は、2020年の65億419万米ドルから、2028年には186億5,654万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて14.2%のCAGRで成長すると予想されています。生物学的酵素は、生体内の様々な化学反応を触媒します。非侵襲的または非外科的な美容治療法は、いかなる外科的切開も行いません。場合によっては、低侵襲手術も非外科的処置に分類されます。一般的に行われている非侵襲的な美容治療には、ボツリヌス毒素注射、ケミカルピーリング、非外科的レーザー治療、マイクロダーマブレーションなどがあります。非侵襲的美容医療市場の成長には、医療数の増加、消費者の美容医療に対する意識の高まり、最先端技術を搭載した製品の登場などが大きな要因となっています。しかし、医療用美容処置に伴う臨床的リスクや合併症が市場の成長を抑制しています。

多くの医療研究機関や病院は、美容の効果的な管理のために新製品やソリューションの導入に取り組んでいます。しかし、非侵襲的美容治療市場は、COVID-19パンデミックの状況下で低迷しています。また、各国政府は、COVID-19の流行に対応するために、選択的手術を延期または中止するようなガイドラインを発表しています。これにより、非侵襲的な美容治療の需要が制限され、市場の成長が妨げられています。

優れた製品の登場が市場の成長を促進

非外科的美容処置は、外科的な切開を伴わないため、通常、低侵襲性とみなされます。ユーザーフレンドリーなハイテク製品が入手可能なことが、美容治療の導入拡大につながっています。複数のメーカーが、先進的な非侵襲的美容治療製品の開発に取り組んでいます。例えば、Galderma社は2021年1月、Dress for SuccessおよびThe Skin Cancer Foundationと協力して、米国内のコミュニティにポジティブな影響を与えるためのFace for Changeプログラムを開始しました。このプログラムでは、注射用のDysport(abobotulinumtoxinA)のユーザーが、毎回の治療後に寄付を行うことができるようになります。

同様に、2020年6月、Sciton社は、新製品プラットフォームmJOULEを発表しました。MOXI、BBL HEROなどの新技術が含まれており、パルス光を用いた技術の中でも、最も大きな改良となっています。MOXIは、季節や年齢、肌タイプに関係なく、肌を活性化させるための非剥離性レーザーエネルギーの適用を簡便に提示します。

さらに、2020年10月、Alma社は最新のアルマハイブリッドプラットフォームを発表しました。これは、皮膚の若返りや傷跡の修正において、切除法、非切除法、温熱法を用いた複数の可能性を探り、それらの相乗効果を検証することを目的としています。したがって、技術的に進歩した非侵襲的美容治療製品の存在が、市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]