糖尿病性足潰瘍の市場規模、2028年に77億9383万米ドル到達予測

糖尿病性足潰瘍の市場規模は、2020年の42億7965万米ドルから、2028年には77億9383万米ドルに達し、2021年から2028年までCAGR7.9%で成長すると予測されています。糖尿病性足潰瘍は、糖尿病患者に頻繁に見られる合併症で、足の切断に至ることもあります。糖尿病治療の一環としてインスリンに頼っている糖尿病患者は、足潰瘍を発症するリスクが高いと言われています。糖尿病性足潰瘍は、糖尿病に関連した腎臓病、皮膚病、心臓病を患っている患者さんや、肥満の方にも発症する可能性があります。また、アルコールを摂取している人は、糖尿病性足潰瘍を発症するリスクが高くなります。糖尿病性足潰瘍市場の成長は、糖尿病やそれに関連する慢性的な傷の有病率の増加、高齢者人口の増加などに起因しています。しかし、高度な創傷治療にかかる費用が高いことが、市場の抑制要因となっています。

糖尿病の増加とそれに伴う慢性創傷の増加

傷は治癒までの時間によって、急性と慢性に分類されます。糖尿病は、21世紀の現在で、最も影響のある健康上の問題として浮上しています。National Diabetes Statistics Report 2020によると、米国では3420万人が糖尿病を患っており、米国の全人口の10.5%を占めています。国際糖尿病連合(IDF)によると、北米の糖尿病患者数は2017年の4600万人から、2045年には6200万人に達すると予想されており、2018年から2045年の間の病気の有病率は35%となっています。糖尿病は体の様々な部分、特に足に影響を及ぼします。糖尿病性足潰瘍は、足に発生した、ただれであり、一見些細な足の怪我からも発生することがあります。糖尿病性足潰瘍は、糖尿病による切断の一般的な原因となっています。2017年にInternational Journal of Endocrinology誌に掲載された報告によると、糖尿病患者の15~25%が生涯において足潰瘍に罹患する可能性があるとされています。糖尿病と診断された患者が、糖尿病性足潰瘍を発症するリスクは2%と予想されますが、足潰瘍の既往歴がある患者では、その後3年間でこのリスクが17~60%に増加すると予想されています。糖尿病患者の入院の20%は、足潰瘍が原因です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]