乳房再建の市場規模、2028年に9億4527万米ドル到達予測

乳房再建の市場規模は、2020年の5億9361万米ドルから、2028年には9億4527万米ドルに達し、2021年から2028年の間に6.1%のCAGRで成長すると予測されています。乳房再建とは、乳がん治療の一環として手術を受けた女性を対象に、乳房の形や見た目を再構築する手術プロセスです。自然な外観の乳房を再建するためには、自家組織、人工インプラント、またはその両方を組み合わせて使用します。乳房再建市場の成長は、乳がんの罹患率が高いこと、新製品の発売やFDAの承認などの要因によります。しかし、保険償還に関する意識の低さが市場の成長を妨げています

乳がんの罹患率の高さ

乳がんは、女性に最も多く見られるがんの一つです。そして、乳房のしこりの発生、乳首の反転、乳房の形の変化、乳首からの液体の浸出、皮膚の赤みや鱗状の斑点、皮膚のくぼみ、乳首の痛みや盛り上がりなどを主な特徴としています。乳がんの治療には、外科手術によって乳房全体を切除する乳房切除術が用いられます。乳房切除後の乳房を再建するためには、乳房再建手術が行われます。この手術には、インプラントによる再建と、自分の組織による再建があります。世界的な乳がんの増加に伴い、多くの女性が乳房切除後の乳房を元の形に戻すために再建手術を選択しています。breastcancer.orgによると、2018年1月時点で、米国では治療中の人や過去に治療を受けた人を含め、310万人以上の女性が乳がんの既往歴があるとされています。さらに、世界保健機関(WHO)が発表した研究によると、2020年には世界全体で230万人の女性が新たに乳がんと診断されています。また、2020年にAmerican Society of Clinical Oncology誌に掲載された研究によると、インドでは女性の29人に1人が人生のどこかで乳がんを患っているとされています。同様に、breastcancercare.org.ukによると、英国では乳がんと診断される女性は、2020年には84万人に達すると推定されています。乳がん患者数の増加は、世界の他の地域でも同様の傾向が見られます。乳がんの罹患率の増加と、乳房切除後の乳房再建術への関心の高まりが、市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]