ネオアンチゲンの市場規模、2028年に10億5478万3540米ドル到達予測

ネオアンチゲンの市場規模は、2023年の2億7142万8570米ドルから、2028年には10億5478万3540米ドルに達し、2023年から2028年にかけて31.2%のCAGRで成長すると予想されています。ネオアンチゲンとは、歴史的に免疫系で検出されなかった最近開発された抗原のことです。腫瘍タンパク質の変化により、突然変異やウイルスタンパク質が原因でネオアンチゲンが発生することがあります。ネオアンチゲンは、がん細胞の選択的治療に用いられます。

ネオアンチゲン市場は、治療法、専門分野、地域別に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米に分類されています。

癌に対するネオアンチゲンワクチンの開発

バイオテクノロジーの発展により、免疫療法が受け入れられるようになり、個別化医療への応用が進んでいます。免疫療法は、がんの治療に広く用いられていますが、その中には、がん細胞の表面に存在する抗原であるネオアンチゲンを使用するものがあります。そのため、ネオアンチゲンのがん治療への応用が盛んに研究されています。ネオアンチゲンの独自性により、研究者は患者の免疫システムを特定し、健康な細胞を妨げることなくがん細胞を標的とする抗原を見つけることができます。

免疫療法の発展は、ネオアンチゲンワクチンの最初の臨床試験が行われた2015年以降にペースアップしました。2017年には、ネオアンチゲンワクチンがヒトの皮膚がんであるメラノーマを治療する効果を証明する2つの追加臨床試験がNeon Therapeutics社から発表されました。臨床試験のポジティブな結果は、ネオアンチゲンベースのがん治療薬の発見と開発を目指す様々なスタートアップを魅了しています。多くの企業がネオアンチゲンの開発に関心を示しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]