シーケンシング試薬の市場規模、2028年に141億9560万米ドル到達予測

シーケンシング試薬の市場規模は、2020年の55億3032万米ドルから、2028年には141億9560万米ドルに達し、2020年から2028年にかけて12.5%のCAGRで成長すると見込まれています。シーケンシング試薬は、シーケンシングのプロセスで使用され、得ようとする結果に大きく依存します。試薬は、シーケンス反応に不可欠なものであり、他の様々な用途にも使用できます。世界的にシーケンシングの研究開発活動が活発化していることが、市場成長の原動力になると期待されています。

シーケンシング試薬市場は、試薬タイプ、テクノロジー、アプリケーション、エンドユーザー、地域別に分類されています。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、中南米に分かれています。

5年前、ゲノムシーケンシングは研究環境に限定して採用されていました。現在では、臨床現場での利用が増えており、今後5年間で6000万人以上の患者のゲノムデータが医療機関内で生成されると予想されています。現在、14カ国、総額40億ドルを超える政府の投資が行われ、医療システムへの導入は支えられています。これらの国家的なゲノム医療イニシアチブにより、導入を阻む障壁に対処し、広範な導入のためのエビデンスを収集することで、市場の成長を促進しています。

英国では、慈善団体と製薬会社による2億ドルの官民共同プロジェクトの一環として、世界最大のゲノムプロジェクトを発表しました。英国は、10万人のゲノムプロジェクトを通じて、すでに世界最大のゲノムデータベースを構築しています。このプロジェクトは、UK Research and Innovationの一部であるInnovate UKが主導し、研究者や産業界に資金を提供して、英国の医療サービスから得られるデータと実際のエビデンスを組み合わせ、病気をより早く、より効率的に診断する新しい製品やサービスを生み出すことを目的としています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]