心臓リハビリテーションの市場規模、2028年に28億6542万米ドル到達予測

心臓リハビリテーションの市場規模は、2020年の17億8098万米ドルから、2028年には28億6542万米ドルに達し、2021年から2028年の間に6.2%のCAGRで成長すると予測されています。心臓リハビリテーション機器は、心臓病を患っている患者が使用するもので、心拍数モニター、スタビライゼーションボール、トレッドミル、ローワー、エリプティカルトレーナーなどで構成されています。この機器は、患者が心臓発作や心臓病にかかる危険性を減らすために役立ちます。患者の病気を把握するための活動には、カウンセリング、心理社会的介入、身体活動に関するカウンセリング、栄養に関するカウンセリング、高血圧、糖尿病、体重管理、運動などが含まれます。心臓リハビリテーション市場の成長は、心血管疾患の発生率の上昇や、遠隔心臓リハビリテーションの導入拡大などの要因に起因しています。しかし、心臓リハビリテーション機器のコストが高いことが、市場の成長を妨げています。  

心血管疾患の発生率の上昇

ここ数十年の間に、心血管疾患(CVD)のリスク要因は、改善されたものもあれば、悪化したものもあります。例えば、喫煙率が低下し、心血管疾患の治療率が上昇したことで、心血管疾患の死亡率が低下しました。一方で、アメリカ人の平均肥満度や糖尿病の罹患率は増加しており、CVDの罹患率も増加しています。また、CVDの主な危険因子である、高血圧、肥満、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病の罹患率も上昇しています。WHOのデータによると、2016年には世界で19億人以上の成人が太り気味で、6億人以上が肥満気味でした。2030年には、世界人口の約41%が過体重または肥満になると予測されています。

心臓病は、過去20年間、世界レベルで重要な死因とされてきました。しかし、今では以前にも増して多くの人の生死に関わっています。喫煙、飲酒、不健康な食生活などのライフスタイルの変化が心臓疾患を生み出し、糖尿病、心血管疾患、肥満などの生活習慣病の発生率を高めています。さらに、WHOは、心臓病による死亡者数が2000年から2020年までの間に200万人以上増加しており、2019年はおよそ900万人になったことを明らかにしました。心臓病による死亡の大部分は、虚血性心疾患と脳卒中に関連しています。

製品別考察

市場は、製品別に、心拍計、スタビライゼーションボール、トレッドミル、ローワー、エリプティカルトレーナー、血圧計、固定式自転車、その他に分類されます。2020年はトレッドミルのグメントが最大シェアを占めました。今後は、血圧モニターセグメントが最高のCAGRを記録すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]