バイオベースエチレンの市場規模、2028年に7億1,832万米ドル到達予測

バイオベースエチレンの市場規模は、2019年の4億1,434万米ドルから、2028年には7億1,832万米ドルに達し、2020年から2028年の間に6.4%のCAGRで成長すると予測されています。バイオエチレンは、バイオエタノールに使用されるバイオマス原料から製造することができます。バイオエチレンは、輸送用燃料としての使用が、現在ではよく知られています。バイオエタノールの製造には、糖類(サトウキビ、テンサイ、スイートソルガム)、デンプン(トウモロコシ、小麦)、リグノセルロース系バイオマス(木材、牧草)など、さまざまな種類の天然資源が原料として使用されます。バイオエチレンは、燃料添加剤メーカー、包装材メーカー、洗剤メーカーなどから注目されています。バイオベースの材料を求める産業は、製品にバイオエチレンを利用することを強く望んでいます。

2019年のバイオベースエチレン市場は、欧州が最大シェアを占めており、今後は、北米が最も高いCAGRを記録すると推定されています。欧州の高い市場シェアは、主にThe Dow Chemical、Oxy Low Carbon Ventures(OCLV)、Enerkemなどの主要メーカーの存在に起因しています。北米では、バイオベースエチレンが包装材やプラスチック産業で幅広く使用されていることが、高い市場シェアの要因と予想されます。バイオエチレンは、デンプン、糖類、リグノセルロース系バイオマスなどのバイオベース材料から製造されます。バイオエタノールは、主に輸送用燃料に混合して利用されますが、この地域の自動車産業の繁栄が、市場の成長に影響を与えています。北米の居住者や業界関係者は、温室効果ガスの排出に大きな関心を寄せており、石油化学製品の代替品としてバイオエチレンを採用しています。この事で、この地域のバイオエチレン市場には明るい見通しがもたらされています。

COVID-19パンデミックは、化学・材料産業の状況を大きく変え、バイオベースエチレン市場の成長にも悪影響を与えています。COVID-19の発生により、業務効率が妨げられ、バリューチェーンが混乱し、国や国際的な境界線が突然閉鎖されたため、収益に損失が生じました。バリューチェーンの混乱は、原材料の供給を遮断することとなり、バイオベースエチレン市場の成長にも影響を与えています。しかし、今後、経済が活性化することへの期待から、バイオベースエチレンの需要は世界的に増加すると推定されています。パンデミックの際には、消費者がオンラインで商品を注文する傾向があるため、食品包装業界や消費財業界からのバイオベースエチレンの需要が増加しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]