冷蔵スナックの市場規模、2028年に737億6,851万米ドル到達予測

冷蔵スナックの市場規模は、2021年の520億4,262万米ドルから、2028年には737億6,851万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて5.1%のCAGRで成長すると見込まれています。冷蔵スナックは、食品の品質を維持し、保存期間を延ばす目的で、冷蔵を必要とするスナックと定義されます。このようなタイプのスナックは、食品の信頼性と利便性を消費者に提供するために、一定の温度条件で調理され保管されます。冷蔵形態のスナックには、チーズベースのスナック、ヨーグルトスナック、スナックバー、特殊なデザート、ディップ、スプレッドなどがあります。消費者のライフスタイルの変化、労働人口の変化、自然食品や生鮮食品への嗜好の高まりに伴い、冷蔵スナックの需要は、主にミレニアル世代を中心に増加すると考えられます。

2021年の市場は、欧州地域が最大シェアを占めました。冷蔵保存を必要とする食品は、常温保存可能なスナックにはない健康感があるため、食生活には欠かせないものとなっています。また、最近の冷蔵技術の進歩により、製品の栄養価を損なうことなく、保存することが可能になりました。タンパク質を多く含む食品に対する消費者の意識の高まり、利便性の高い食品に対する需要の増加、冷蔵スナックの人気の高まりなどが、欧州における冷蔵スナック市場の成長を促進する主な要因となっています。

COVID-19の発生は、原材料の生産の減速、サプライチェーンや貿易の制限、建設需要の減少、新規プロジェクトの減少などにより、冷蔵スナック市場を混乱させました。しかし、経済が活性化することが期待されているため、冷蔵スナックの需要は今後数ヶ月の間に増加すると推定されます。さらに、多くの人が自宅で仕事をするというライフスタイルの変化は、食品のオンライン購入と、長期保存の傾向を促進しています。人々は、健康的な栄養補給のために、持続可能な冷蔵スナックを求めています。これは、市場のプレーヤーにとって、パンデミックによる損失を回復し、オンラインプラットフォームを通じてビジネスを成長させる市場機会となっています。

2020年11月にAmerican Journal of Agriculture Economics誌に掲載された報告書によると、パンデミック時には生鮮果物・野菜、穀物、冷凍食品の需要が最も高まり、アグリビジネスよりも小規模農家にメリットがありました。様々な食品がEコマースプラットフォームで販売されており、その比率が高まっていることから、より多くの消費者がオンラインプラットフォームに引き寄せられることで、ニッチな商品への販売集中が進む可能性があります。また、COVID-19パンデミックの際、食品の在庫切れ、公共交通機関の制限、スーパー・食料品店での営業時間の短縮など、食品の買い物客が直面した困難にもかかわらず、米国などの先進国ではほとんどの買い物客が十分な食品へのアクセスを維持しています。今後、パンデミック終息後には、冷蔵スナックの需要がさらに増加することが予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]