産業用インクジェットプリンターの市場規模、2028年に153億7,676万米ドル到達予測

産業用インクジェットプリンターの市場規模は、2021年の91億7,642万米ドルから、2028年には153億7,676万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて7.7%のCAGRで成長すると予測されています。産業用インクジェットプリントは、インクジェット技術を用いて、生産ラインで製品の製造過程の一部として材料を印刷または蒸着するものです。考え方としては、デスクトップ型のインクジェットプリンターと似ていますが、機械の大きさや速度、付着させなければならない流体の多様性など、スケールが大きく異なります。産業用インクジェットプリンターは、主に製品のラベリングやコーディングに使用されます。世界的な包装産業の高まりと、産業用インクジェットプリンターの高速化が相まって、包装分野での産業用インクジェットプリンターの使用が増加することが予想されます。

アジア太平洋地域の産業用インクジェットプリンター市場は、最も高い成長率が見込まれています。この地域の市場成長の主な要因は、ライフスタイルの変化や電子商取引の増大により、同地域の買い物文化が変化していることが挙げられます。さらに、COVID-19が流行する中、人々は実店舗や混雑した場所に足を運ぶよりもオンラインでの買い物を好むようになり、同地域のオンライン顧客数が大幅に増加しています。このような要因が、電子商取引の成長を促進しています。さらに、海外製品の影響を受け、同地域の地元メーカーの間では、消費者の購買意欲おけるパッケージの重要性への認識が高まっています。このことが、産業用インクジェットプリンター市場、特にパッケージング分野の成長を大きく促進しています。

COVID-19パンデミックの産業用インクジェットプリンター市場への影響

COVID-19パンデミックの発生は、産業用インクジェットプリンター市場の成長に大きな影響を与えています。パンデミックの発生により、業務効率が低下し、国内外の境界線が突然閉鎖されたことでバリューチェーンが乱れ、原材料の供給が制限を受け、収益の損失や損害が発生しました。しかし、パンデミック終息後の経済の活性化が期待されているため、産業用インクジェットプリンターの需要は、今後、世界的に拡大すると予想されます。さらに、先進的な製品を開発するために主要企業が多額の投資を行っていることも、市場の成長を支える要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]