硝酸カルシウムの市場規模、2028年に11億3,094万米ドル到達予測

硝酸カルシウムの市場規模は、2021年の8億8,203万米ドルから、2028年には11億3,094万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて3.6%のCAGRで成長すると予想されています。硝酸カルシウムは、石灰石を硝酸で処理した後、アンモニアで中和することで化学的に合成されます。また、顆粒状で、主に農業用窒素肥料として、土壌中のマグネシウム、カリウム、カルシウムの吸収を促進し、作物の収穫量と品質を向上させ、病害虫に対する抵抗力を高めます。また、コンクリート、爆薬、廃水処理剤などの製造にも使用されています。さらに、下水道や自治体の廃水処理における臭気の発生を抑制するためにも積極的に使用されています。

2020年の硝酸カルシウム市場は、アジア太平洋地域が最大シェアを占めており、同時に、最も高いCAGRを記録すると考えられます。この地域での硝酸カルシウム市場の成長は、主に作物生産における肥料需要に起因しています。さらに、廃水処理剤、コンクリート、爆薬などでの使用が増加していることも、同地域の需要を押し上げています。アジア太平洋地域で事業を展開している企業には、Nutrien、Yara International ASA、Haifa Group、Shanxi Jiaocheng Tianlong Chemical Industry などが挙げられます。

COVID-19パンデミックの硝酸カルシウム市場への影響

化学・素材部門は、COVID-19パンデミックにより、深刻な混乱を経験している産業の一つです。北米、欧州、アジア太平洋地域の製造工場の操業停止により、サプライチェーン、製造工程、流通スケジュール、製品販売に支障をきたしています。このような状況は、生産の混乱、貿易の妨げ、需要の低下、新規プロジェクトの中止などによる、硝酸カルシウム市場の抑制要因になります。バリューチェーンの乱れは、原材料の供給にも悪影響を及ぼしています。しかし、今後は、経済の活性化が期待されているため、硝酸カルシウムの需要は世界的に上昇すると予想されます。

硝酸カルシウムの幅広い用途が市場の成長を促進

硝酸カルシウムは顆粒状で製造され、主に農業用の窒素肥料として使用されます。カルシウムは、細胞壁の強度を向上させ、保存期間の長い高品質の果物をもたらします。また、耐暑性を高め、温暖な地域の植物が受ける熱ストレスの影響を軽減する効果もあります。また、下水道や都市下水処理場での臭気の抑制にも積極的に使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]