フムスの市場規模、2028年に82億6,707万米ドル到達予測

フムスの市場規模は、2020年の45億7,735万米ドルから、2028年には82億6,707万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて7.6%のCAGRで成長すると予測されています。フムスはよく知られた中東のディップ・スプレッドで、ミネラル、ビタミン、タンパク質、食物繊維を多く含んでいます。フムスの主成分であるひよこ豆、にんにく、ごまやタヒニ(ごまペースト)、オリーブオイルは、すべてスーパーフードとして認められています。ひよこ豆には、鉄分、リン、ビタミンB群が多く含まれています。タヒニは、亜鉛、カルシウム、銅、リンを多く含みます。レモン果汁は、ビタミンCと抗酸化物質の優れた供給源です。フムスに風味を添えるニンニクは、抗酸化物質、微量のミネラルやビタミンを豊富に含んでいます。

アジア太平洋地域のフムス市場は、2021年から2028年の間、最も高いCAGRで成長すると予想されています。インド、中国、日本などの国では、経済成長や病気の増加に伴い、ライフスタイルや消費パターンが変化しています。さらに、環境保護の必要性に対する意識の高まりから、ビーガンの傾向が強まっています。植物性タンパク質に対する需要と、健康志向の高まりが、この地域の市場成長を促す主な要因となっています。さらに、欧州でも、英国を中心にビーガン主義の導入が進んでおり、植物性タンパク質の需要が高まっています。さらに、フムスメーカーは、革新的な風味のある品種だけでなく、有機栽培の品種を発売して製品ラインを拡大しています。

COVID-19パンデミックは、主に原材料の生産とサプライチェーンの混乱、天候の不確実性などの理由により、フムス市場のパフォーマンスを制限しています。この影響で、国内外の境界線が突然閉鎖され、業務効率やバリューチェーンが抑制されました。しかし、多くの国が経済の復興と正常化に向けて努力していることから、フムスの需要は近い将来に増加すると考えられます。さらに、健康的なライフスタイルを好む傾向から、免疫力を高める食品に注目が集まっていることも、今後のフムス市場の成長に貢献するでしょう。フムスメーカーは、事業拡大のためにオンライン販売チャネルを活用すると思われます。これは主に、人混みを避け、社会的な距離感を保つために、消耗品もオンラインで注文するという嗜好が高まっているためです。食品小売チャネルは、すでに厳しい衛生ガイドラインに沿って運営されており、多くのチャネルでは、人との接触を減らすために特別な予防措置を講じています。安全対策としては、輸送トラックの運転手と訪問先の直接接触を制限し、適切な衛生習慣を伝え完全なサニテーションを行い、シフト変更時の人と接触の可能性も排除するなどの対策が挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]