複合ローラーの市場規模、2028年に1億8,769万1,570米ドル到達予測

複合ローラーの市場規模は、2020年の1億2,775万1,130米ドルから、2028年には1億8,769万1,570米ドルに達し、2021年から2028年にかけて5.1%のCAGRで成長すると見込まれています。複合ローラーは、樹脂、繊維、プリプレグ生地などの原材料と、フィラメントワインディングとラッピングの2つの技術を用いて製造されます。産業機械の絶え間ない技術革新と開発により、軽量化と低エネルギー消費が求められています。このような技術革新や開発により、紙パルプ産業、鉱業、繊維産業など、さまざまな最終用途産業で複合材料の使用が増加しています。

2020年には、アジア太平洋地域が複合材ローラー市場で最大シェアを占めました。アジア太平洋地域の新興国では、都市化の進展と相まって中間層の人口が急増しており、主要な市場プレーヤーに大きなチャンスをもたらしています。アジア太平洋地域の複合ローラー市場の成長は、オーストラリア、中国、インドなどの、鉄鉱石、石炭、鉱物を産出する国の存在に起因しています。また、アジア太平洋地域では、軟包装産業の成長が、市場の需要を促進すると考えられます。

現在進行中のCOVID-19パンデミックは、複合材料産業の状況を大きく変え、その成長に悪影響を及ぼしています。この大流行により、業務効率が歪められ、国内外の境界線が突然閉鎖されたことで、バリューチェーンが混乱し、収益の損失が生じています。この混乱は、原材料の供給にも悪影響を及ぼし、市場の成長にマイナスの影響を与えています。しかし、経済の活性化が期待されていることから、複合材料の需要は世界的に増加すると推測されます。また、政府による積極的な施策、分散型電源、先端技術の導入なども、今後の市場成長を促進する要因と考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]