ビーガンペットフードの市場規模、2028年に156億5,122万米ドル到達予測

ビーガンペットフードの市場規模は、2020年の86億6,797万米ドルから、2028年には156億5,122万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて7.7%のCAGRで成長すると見込まれています。ビーガンペットフードとは、動物由来の原材料を一切使用せず、植物由来の天然素材を用いて製造された、いかなる種類の動物に対しても残酷な行為や搾取を行わないことを保証した製品です。菜食主義の傾向、ペットの人間化、ペットオーナーの増加などの要因が、ビーガンペットフード市場の成長を後押ししています。しかし、ビーガンペットフードに関連する栄養不足が市場成長の妨げとなっています。

アジア太平洋地域は、今後数年間でビーガンペットフードの市場が最も急速に成長すると予想されています。経済成長と人々の可処分所得の増加に伴い、インド、中国、日本などの国では、ライフスタイルや食品の消費パターンが変化しています。この地域の人々は、ホリスティックな信念、環境保護、体重管理などの理由から、ビーガン食を好む傾向にあります。ビーガンのペットオーナーは、健康的で消化しやすいビーガンのペットフードを自分のペットに与えており、これがアジア太平洋地域のビーガンペットフード市場の成長にさらに影響を与えています。また、アジア太平洋地域のビーガンペットフード業界では、革新的な製品を持つ新規メーカーの参入が目立っています。

COVID-19パンデミックのビーガンペットフード市場への影響

COVID-19の発生は、ロックダウン、旅行禁止、ビジネスの停止などにより、様々な国の経済や産業に悪影響を及ぼしています。食品・飲料業界は、サプライチェーンの制限や生産工場の操業停止など、深刻な混乱に見舞われている重要な業界の一つです。工場やプラントの操業停止は、サプライチェーンを制限し、製造活動、配送スケジュール、各種商品の販売に悪影響を及ぼしています。すでに企業は、製品の納入遅延や今後の製品販売の低迷の可能性を発表しています。また、欧州、アジア、北米の国々が渡航禁止措置を取っているため、ビジネスコラボレーションやパートナーシップの機会が妨げられています。特に、パンデミックの初期段階では、バリューチェーンの乱れが原材料の供給に悪影響を及ぼし、ビーガンペットフード市場に悪影響を与えました。しかし、経済の復興が期待されていることから、ビーガンペットフードの需要は高まっています。また、多くの人が自宅で仕事をするというライフスタイルの変化は、新しいペットを家族に迎えるきっかけにもなっています。この事から、ビーガンペットフードのオンライン市場での販売は、むしろ、大幅に増加しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]