フレーバーマスキング剤の市場規模、2028年に3億3,116万米ドル到達予測

フレーバーマスキング剤の市場規模は、2021年の2億2,403万米ドルから、2028年には3億3,116万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて5.7%のCAGRで成長すると予測されています。フレーバーマスキング剤は、化学的な相互作用で味を感じさせなくするものです。塩味や苦味をまろやかにする効果があります。さらに、ペットや動物の飼料に含まれる加水分解されたタンパク質などの一部の食品の苦味をマスキングします。食品中の苦味、グリセリン風味、ビタミン・ミネラル風味、金属風味などをマスキングし、最終製品に魅力的な風味を与える成分です。フレーバーマスキング剤市場の成長は、加工食品の消費が増加していることに起因しています。さらに、スポーツ栄養業界からの需要が急増していることも、今後の市場成長を後押しすると考えられます。

欧州のフレーバーマスキング剤市場は、最も高いCAGRで成長すると予想されています。欧州市場は、地域全体での食品・飲料業界の進歩により上昇しています。同産業は、欧州諸国における最大の製造分野です。多忙なライフスタイルや利便性の高さから、消費者の間で加工食品の消費が増加していることが、この地域のフレーバーマスキング剤の需要を押し上げています。乳製品、食肉製品、ベーカリー・菓子類などの多くの加工食品に含まれるタンパク質、ビタミン、ミネラルなどの成分は、不快な臭いや味を放つため、食品・飲料業界におけるフレーバーマスキング剤の需要を促進することになります。

COVID-19のフレーバーマスキング剤市場への影響

COVID-19の発生は、ロックダウン、旅行禁止、ビジネスの停止などにより、様々な国の経済や産業に悪影響を及ぼしています。食品・飲料業界は、サプライチェーンの断絶、技術イベントの中止、オフィスの閉鎖など、深刻な混乱に見舞われている主要産業の一つです。例えば、中国は世界の製造拠点であり、最大の原材料供給国であると同時に、最も被害の大きい国の一つでもあります。中国の様々な工場が閉鎖されたことにより、世界のサプライチェーンが制限され、製造活動、配送スケジュール、食品の原料や製品の販売に悪影響を及ぼしています。企業は、製品の納入遅延や、今後の販売不振の可能性を発表しています。また、欧州、アジア、北米の国々が渡航禁止措置を取っているため、ビジネスコラボレーションやパートナーシップの機会が妨げられています。これらの要因はすべて、食品・飲料業界を制限し、この業界に関連する様々な市場の成長を妨げています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]