水性インクの市場規模、2028年に134億9,639万米ドル到達予測

水性インクの市場規模は、2019年の91億4,120万米ドルから、2028年には134億9,639万米ドルに達し、2020年から2028年にかけて5.2%のCAGRで成長すると予想されています。水性インクは、水を溶媒としてコロイド状に懸濁した顔料や染料を含みます。水性インクの製造には水が主な溶媒として使用されますが、布上のインク膜を硬化させるのに必要な時間と熱を減らすために、インクには他の共溶媒が含まれることがあります。また、水はゆっくりと蒸発するため、水性インクはプレス時の粘度安定性が高くなります。水性インクの需要は、環境や安全性への関心の高まり、軟包装の成長、スクリーン印刷での利用の増加などにより増加しています。

2019年の水性インク市場は、APAC(アジア太平洋地域)が最大シェアを占めました。この地域での水性インク市場の成長は、主に中国やインドなどの発展途上国での需要の増加に起因しています。これらの国では、印刷・包装業界が急激に成長しています。食品・飲料、医薬品、パーソナルケア産業の継続的な成長に伴い、高品質なパッケージやラベル製品が求められています。水性インクは、紙や段ボールの印刷に最適なインクシステムです。また、紙や段ボールのような吸水性のある基材上では、他の印刷インクに比べて光沢や色、表面の見栄えが良く、ゆっくりとした印刷用途にも適しています。水性インクは揮発性有機化合物(VOC)の排出量が少ないため、溶剤系インクと比較して汚染物質の排出に関わるコストを大幅に削減することができます。これらの利点により、APACでは水性インクの採用が進んでいます。さらに、水性インクは布地の奥深くまで浸透し、より鮮明なエッジを持つ完璧なディテールのプリントを長持ちさせることができます。ハーフトーンなども含まれているので、複雑で細かいデザインのプリントに最適です。APACでは、テキスタイル印刷における水性インクの需要が拡大しており、今後の水性インクの需要を牽引することが期待されています。

COVID-19パンデミックは、水性インク業界の状況を大きく変えました。この大流行により、業務効率が歪められ、国内外の境界線が突然遮断されたことでバリューチェーンが乱れ、収益の損失が生じています。バリューチェーンの乱れは、原材料の供給にも悪影響を及ぼしました。しかし、経済が活性化することが期待されているため、水性インクの需要は今後数ヶ月のうちに世界的に増加すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]