プレキャストコンクリートの市場規模、2028年に2,239億7,000万米ドル到達予測

プレキャストコンクリートの市場規模は、2020年の1,346億8,000万米ドルから、2028年に2,239億7,000万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて6.7%のCAGRで成長すると見込まれています。

プレキャストコンクリート材料は、製造時にプレキャスト・プレハブ化され、建設現場で組み立て、成形されます。このような構造は、建設速度を高め、生産性を向上させるだけでなく、コストと品質を監視するのに役立ちます。コストパフォーマンスに優れた安全な素材へのニーズが高まる中、プレキャストコンクリートの需要が高まっています。さらに、このような構造物は、再利用や再構築が可能であり、環境への影響を低減することができるため、持続可能な建築材料と考えられています。環境に配慮したモジュール式の建築材料の採用が進むことで、建設分野におけるプレキャストコンクリート製品の需要が拡大すると予想されます。

2020年のプレキャストコンクリート市場では、アジア太平洋地域が最大シェアを占めました。この地域の優位性は、主要メーカーによる強力な産業基盤にあります。中国、日本、インドネシア、インドなどの国々では、持続可能なモジュール式建築への関心が高まっており、改修工事への投資も盛んであることから、アジア太平洋地域の同市場の成長に有利な機会となっています。さらに、急速な都市化に伴う住宅・商業インフラ分野の成長、原料の入手のしやすさと安価な労働力、低い製造コストなどの要因が、アジア太平洋地域の市場成長を後押ししています。

COVID-19パンデミックは、ロックダウン、渡航禁止、ビジネスの停止などにより、各国の経済や産業に悪影響を及ぼしています。COVID-19の流行は、原材料の生産の減速、サプライチェーンや貿易の動きの制限、建設需要の減少、新規プロジェクトの減少など、プレキャストコンクリート市場を混乱させました。しかし、感染者の増加により、医療機関や検疫所の建物およびユニットの必要性が高まっています。このシナリオは、モジュール式建物の需要を促進し、プレキャストコンクリート市場の成長を後押ししています。この感染症の発生によるバリューチェーンの乱れは、原材料の供給を妨げました。しかし、今後数ヶ月のうちに、プレキャストコンクリートの需要は世界的に増加すると予想されます。政府の取り組みは、インフラや建設分野を改善し、すべての国民に住宅を提供することで、経済を活性化させることを目的としています。主要企業による先進的な製品開発への投資は、市場の成長をさらに後押しするものと期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]