ホウ素肥料の市場規模、2028年に43億1608万米ドル到達予測

ホウ素肥料の市場規模は、2020年の22億7248万米ドルから、2028年には43億1608万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて8.4%のCAGRで成長すると見込まれています。ホウ素肥料は、ホウ素が含まれている微量栄養素の肥料です。ホウ素は、植物が正常に成長し、良好な収量を得るために少量必要とされる微量栄養素です。土壌の状態や植物の栄養バランスを維持する上でのホウ素の重要性に対する認識が高まっていることが、市場の成長を後押ししています。しかし、発展途上国や後発開発途上国では、ホウ素肥料やその他の微量栄養素の認識が不足しているため、その導入が妨げられています。

2020年のホウ素肥料市場では、アジア太平洋地域が最大シェアを占めています。この地域のホウ素肥料産業は、長年にわたって大きな変化を遂げてきました。アジア太平洋地域では、同地域における果物や野菜の生産量の増加と相まって、微量栄養素に関する農家の意識が高まっています。ここでは、急速な都市化により耕作可能な土地が大幅に減少しているため、ホウ素、鉄、亜鉛などの有効な微量栄養素を土壌に注入することで、不毛な土地を農業目的に転換し利用する必要があります。土地の効率化のために、ホウ素肥料などの微量栄養素の使用が求められています。

COVID-19パンデミックのホウ素肥料市場への影響

COVID-19の流行は、ロックダウン、渡航禁止、ビジネスの停止などにより、様々な国の経済や産業に悪影響を及ぼしています。世界の農業界は、サプライチェーンの断絶、労働力不足、不確実な需要など、深刻な混乱に見舞われました。工場やプラントの停止は、サプライチェーンを混乱させ、生産活動、配送スケジュール、製品販売に悪影響を及ぼしています。これらの要因はすべて、肥料産業に悪影響を及ぼしており、関連する市場の成長を抑制しています。一方、多くの国がこの混乱から回復し始めており、ワクチンの導入により、政府が課す制限が緩和されつつあります。そのため、多くの肥料製造会社が生産や研究開発活動を再開しています。

土壌中の微量栄養素の欠乏の増加

土壌は、植物に栄養分を供給するため、農業に必要不可欠な要素の一つです。健全な土壌は、作物の成長に必要なすべての要素を含んでいます。栄養素が不足した土壌では、農産物の生産量が減少したり、品質が低下したりします。したがって、土壌の健康状態を判断するには、土壌中のマクロ栄養素とミクロ栄養素の量と割合が不可欠です。健全な土壌は、肥料の利用率を高め、その廃棄物を減らすことで、生産量を確保することが出来ます。多くの先進国の栽培地は、有機物を含んだ生産性の高い土壌ですが、生産量の増加に伴い土壌の肥沃度は低下します。土壌中の微量栄養素の欠乏、栄養価の高い食品に対する消費者の嗜好の変化、人口の増加などが、市場の成長を促す要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]