水素コンプレッサーの市場規模、2028年に28億1327万米ドル到達予測

水素コンプレッサーの市場規模は、2020年の18億9415万米ドルから、2028年には28億1327万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて5.2%のCAGRで成長すると予測されています。

水素は、重量あたりのエネルギー含有量が最も高い効率的な燃料の一つです。しかし、周囲の環境における水素の密度は1立方メートルあたり約90gです。そのため、機能可能なレベルのエネルギー密度を得るためには、水素を効率的に圧縮する必要があります。水素コンプレッサーは、少量から中量の水素を高圧に圧縮するのに有効であり、必要に応じて5,000バール(75,000PSI)以上の超高圧にも使用できます。さらに、オイルフリーの水素を大量に圧縮するためには、250バール(3,600PSI)以下の圧力が必要となります。また、10メガワット以上の駆動力を使って水素を圧縮する必要があり、ガス中にオイルの痕跡が認められる場合には、潤滑剤を使用した圧縮により600バール(9,000PSI)以上の吐出圧力が可能です。これらの事が、同市場の成長を押し上げる重要な要因となっています。さらに、天然資源の枯渇や環境悪化への懸念が高まっていることから、環境を維持するためのエコフレンドリーなコンセプトの技術が開発され、市場で発表されています。同様に、大気汚染の影響や交通量の増加、温室効果ガスの排出に関する意識の高まりが、水素燃料電池車の導入を促進しています。また、燃料電池電気自動車(FCEV)の開発が進んでおり、内燃機関(ICE)自動車よりも燃費が向上しています。FCEVの燃費は、一般道でICE車が29MPGgeであるのに対し、ガソリン換算で約63MPGgeとなっています。ハイブリッド化することで、FCEVの燃費は約3.2%向上します。このことが、水素コンプレッサー市場の成長を後押ししています。

COVID-19パンデミックの水素コンプレッサー市場への影響

COVID-19パンデミックは、2020年第1四半期以降、多くの産業の操業に影響を与えています。感染の急増により、各国政府は交通機関に厳しい制限をかけるよう促しています。旅行の禁止、大規模なロックダウン、ビジネスの停止などにより、様々な国の経済や産業が混乱しています。ロックダウンにより、商品や製品、サービスの生産量が減少し、サプライチェーン活動が停止しました。化学、石油・ガス、エネルギー・電力などの業界では、活動の一時的な停止により、操業が縮小しています。中小企業の経営者は、この影響をより深刻に受けており、このような状況が、水素コンプレッサー市場の成長を妨げています。

石油・ガス産業の発展が水素コンプレッサー市場の成長を促進

中国やインドなどの新興国では、石油・ガス産業が活発化しています。この成長に伴い、上流・下流の活動が活発化しています。イノベーションと先端技術により、非従来型の掘削・完成作業が可能になり、石油・ガスの生産量が最適化され、経済のパワーバランスが変化しています。石油・ガス分野への投資の増加は、近い将来、水素コンプレッサーの開発を後押しすると思われます。インド・ブランド・エクイティ財団によると、インド政府は2022年までに天然ガスの生産量を増やすため、石油・ガスの上流部門に28億6000米ドルを投資すると予想されています。政府の支援により、国内では数多くの石油・ガスプロジェクトが開始されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]