ティルトローター航空機の市場規模、2028年に17億6,618万米ドル到達予測

ティルトローター航空機の市場規模は、2020年の9億9,261万米ドルから、2028年には17億6,618万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて8.1%のCAGRで成長すると予想されています。ティルトローター機は、固定翼の先端に取り付けられたローターによって揚力と推進力を得ています。ローターを垂直方向に傾けることで揚力が得られ、さらに水平方向に傾けることで機体は徐々に前進します。これにより、回転翼機の垂直離着陸性能(VTOL)と固定翼機の航続距離・速度を両立させることができます。この機能により、専用の着陸帯が不要になります。また、人や物を短距離で輸送する場合、回転翼機に比べて効率が良いとされています。回転翼機は短距離輸送に広く使用されているため、その運用コストは固定翼機に比べて一般的に高くなります。ティルトローター機を輸送用途に利用することで、エンドユーザーは大幅に運航コストを削減することができます。これらの利点により、ティルトローター機市場は安定した成長が見込まれています。

COVID-19パンデミックのティルトローター機市場への影響

COVID-19パンデミックは世界各国に多大影響を与え、現在も被害が続いています。この大流行が起こるまで、防衛産業は生産やサービスの面で大きな成長を遂げていました。しかし、今回の感染により、サプライチェーンが混乱しています。さらに、国によっては防衛費を優先させずに、COVID-19の拡散に対抗するための技術に投資をシフトしています。これらの要因により、2020年は防衛装備品の生産や研究開発が弱まり、ティルトローター機市場の成長が制限されました。

先進的な航空機を調達するための軍事費の増加

主要国間の地政学的緊張の高まりや貿易戦争などにより、防衛部門への投資が活発化しています。この投資の大部分は、先進的な軍用機やティルトローター機の調達に充てられています。例えば、軍用ティルトローター機であるBell Boeing V-22 Ospreyの納入数は2020年6月に400機に達し、その一部は、米国と日本の軍隊に納入されました。このように、軍事用途でのティルトローター機の調達の増加が、同市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]