ヘリコプター着陸装置の市場規模、2028年に48億2,630万米ドル到達予測

ヘリコプター着陸装置の市場規模は、2020年の35億6,230万米ドルから、2028年には48億2,630万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて4.2%のCAGRで成長すると予測されています。ヘリコプター着陸装置は、ヘリコプターを安全かつ容易に着陸させるための重要な部品です。世界的に民間および軍事用ヘリコプターの生産が増加していることから、ヘリコプター着陸装置の製造能力も高まっています。また、軽量で強度に優れた材料の普及により、複合材料の使用が増加しています。さらに、自律型ロボット着陸装置の開発や、MRO(Maintenance, Repair, and Overhaul)サービスを提供する企業の存在が、市場の成長を後押ししています。また、ヘリコプターの生産に関しては、着陸装置の開発に貢献すると思われるいくつかのステップが報告されています。例えば、韓国の国防調達機関は、近空支援や水陸両用の用途に向けて、地元で設計された海洋攻撃ヘリコプターを導入する計画を発表しました。この計画では、韓国の航空機メーカーであるKorea Aerospace Industries社が、24種類の武装したKorea Utility Helicopterを製造し、早ければ2031年に納入される予定です。

ヘリコプターメーカーは、燃費向上やサービス提供者の収益向上のために、ヘリコプターの軽量化に力を入れています。そのため、軽量な装置の必要性が高まっており、革新的な技術や材料を用いて着陸装置の部品を設計することが求められています。同時に、航空業界では電気システムの普及が進んでおり、主要な着陸装置メーカーは油圧システムを電気システムに置き換え、性能を向上させながら軽量化を図っています。

北米地域は、ヘリコプター着陸装置の技術的進歩と、Bell Helicopter Textron社やSikorsky Aircraft社などの大手ヘリコプターメーカーの存在により、今後、世界市場をリードすると予想されています。アジア太平洋地域と中東地域の政府機関からのヘリコプター発注の増加が、北米のヘリコプター着陸装置市場を牽引しています。先進的なヘリコプターの調達を含む軍の近代化計画の高まりが、北米市場の成長を後押しすると予測されています。

COVID-19パンデミックがヘリコプター着陸装置市場に与える影響

COVID-19の発生は、ヘリコプターの着陸装置のハードウェア部品を含む機械装置のサプライチェーンと製造に深刻な影響をもたらしました。COVID-19ウイルスの出現により、ロックダウンシナリオが続いたことで、航空宇宙産業の専門家は、機械装置のサプライチェーンにおいて少なくとも4分の1の遅れが生じるだろうと分析しています。この混乱は、2021年半ばまで続くと考えられます。各国政府が経済再生のために抑制策を解除した後は、機械装置および航空宇宙産業は、ほどなく回復のペースを取り戻すと思われます。2022年以降、航空宇宙産業における機械設備の生産は活発化すると考えられており、ヘリコプター着陸装置のハードウェア部品を含む設備や航空宇宙産業の製造にプラスの影響を与えると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]