ヘリコプターの市場規模、2028年に565億9,750万米ドル到達予測

ヘリコプターの市場規模は、2021年の373億5,550万米ドルから、2028年には565億9,750万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて6.1%のCAGRで成長すると見込まれています。ヘリコプター市場を牽引しているのは、様々な捜索・救助活動(SAR)におけるヘリコプターのニーズの高まりです。アジア太平洋地域、欧州、北米、中東・アフリカ、南米など、各国が、最先端の高機能ヘリコプターの調達に多額の投資を行っています。新型の高度なSARヘリコプターの需要が高まっているため、市場全体が拡大しています。2020年には、モーリシャスリーフでの救助活動と油流出事故の浄化作業のために、包括的な救助活動が行われました。事前に装備された支援システムを備えた高度な軽ヘリコプターが使用され、効率的に作戦を遂行しました。2021年、インド空軍は、ナクサライトとの遭遇で5人のインド兵が殺害されたスクマでの救援活動で、準軍組織を支援するためにMi-17ヘリコプターを調達しました。このヘリコプターには、信頼性の高い強力な救助用ホイストやウインチなどの高度なソリューションが重装備されていました。SARヘリコプターは、医療用救急・避難、消防・法執行、ユーティリティー、捜索・救助活動などに使用されます。ヘリコプターは、医療緊急事態や医療避難にも大きく利用されています。医療避難とは、軍の支援を受けて医療従事者が負傷者を安全に退避させるプロセスです。自然災害や人為的災害の際には、医療救助チームが必要とされることが多く、このチームは医療専門家と軍人で構成され、災害の犠牲者に必要な医療を提供します。チームは航空機やヘリコプターを使って災害の起きやすい地域からの避難を実行します。法執行機関や消防では、火災やその他の緊急事態、パトロール任務、地上ユニットのバックアップにヘリコプターが使用されます。ユーティリティー用途では、石油・ガスの海上処理時に発生するリフティング作業に使用されます。軍隊では、救助活動や捜索活動に使用されています。ヘリコプターは、山岳救助、災害救助、自然災害救助など、あらゆる種類の捜索・救助活動に使用されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]