内燃機関の市場規模、2028年に738億4,250万米ドル到達予測

内燃機関の市場規模は、2020年の551億7,670万米ドルから、2028年には738億4,250万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて3.7%のCAGRで成長すると見込まれています。技術の進歩は内燃機関に進化をもたらし、燃料効率を向上させながら高出力を提供することを可能にしています。一方で、エンジンは今後も自動車産業の発展に欠かせない存在であり続けます。さらに、熱効率、排出ガス、電動化など、さまざまな分野で改善の可能性を秘めています。内燃機関のおかげで、メーカーは小型の機械やツールを製造することができます。例えば、産業用途の、道路用車両、芝刈り機、チェーンソー、海洋用途の、モーターボートや船舶、発電用途の、高出力エンジンなどが挙げられます。

COVID-19パンデミックの内燃機関市場への影響

COVID-19の流行は、産業用エンジンやその他の関連機器のサプライチェーンや製造に深刻な影響を与えています。世界各地で発生したこの感染症の出現により、多くの国でロックダウンが発生し、業界の専門家は、産業機器のサプライチェーンにおいて最大で4分の1のラグが発生すると分析しています。この危機は、2020年から2021年半ばまで続くと予想されています。一方、世界各国の政府が経済再生のために様々な抑制策を実施していることから、エネルギー・電力業界は早期にペースを取り戻す可能性があります。また、2021年後半からは内燃機関の生産が活発化すると予想されており、内燃機関を含む産業用機器の製造にプラスの影響を与えることが考えられます。

発電需要の高まり

内燃機関は、様々な技術の進歩やイノベーションにより、徐々に進化しており、高出力で燃費の良いエンジンを提供できるようになっています。電気自動車の需要が増加し、従来の燃料を使用する内燃機関の需要が減少する一方で、今後も自動車産業の発展に欠かせない存在であり続けます。さらに、内燃機関は、熱効率、排出ガス、電動化など、さまざまな分野で改善の可能性を秘めています。

燃料タイプ別の市場分析

市場は、燃料の種類別に、ディーゼル、ガソリン、天然ガスに分けられます。2020年はガソリンが市場をリードし、最大市場シェアを占めると予測されました。

エンドユーザーベースの市場分析

市場は、エンドユーザー別に、工業、船舶、発電、航空宇宙・防衛、自動車、オフロード、その他に分類されます。内燃機関の最大のユーザーは自動車であるため、自動車分野が市場を支配しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]