点字印刷機の市場規模、2028年には5億1,590万米ドル到達予測

点字印刷機の市場規模は、2020年の3億3,244万米ドルから、2028年には5億1,590万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて5.86%のCAGRで成長すると予測されています。点字印刷機は、書かれた文書を目の不自由な人が読みとったりアクセスしたりできるように、厚紙に触覚ドットを作成します。点字印刷機によって紙に作成された点字は、インクプリンターに似ており、視覚障害者の触読性を向上させ、オフィスや家庭などで、数多くのエンドユーザーに利用されています。ワイヤレスなど、接続性の強化による即時印刷など、点字プリンターの技術的進歩が、市場の成長を後押ししています。世界の点字印刷機市場は、機械の接続ソリューションの開発が進んでいるため、安定した成長を遂げています。例えば、点字プリンターの先駆者であるINDEX BRAILLE社は、新しいプリンターにモバイル接続機能を提供し、コンピューターへの接続を不要にしました。また、高品質の紙やインクの入手が増えていることも、市場の成長に貢献しています。さらに、近年のIoTの導入は、組織、テクノロジーベンダー、ビジネス意思決定者、および消費者の間で人気を博しています。これは、半導体やセンサー技術などの継続的な進歩によるものです。点字プリンターは、コンピューターからのデータを受け取り、ソレノイドを使ってエンボスピンを制御し、紙に情報を刻みます。これは、厚手の用紙に印刷するため、通常のプリンターより多くのページ数を必要とします。

2020年の点字印刷機市場は、北米が圧倒的なシェアを占めています。この地域の市場成長は、米国政府による点字印刷開発のための支援や、主要メーカーの存在などによるものです。American Thermoform社は、視覚障害者向けの点字製品の、製造・販売における世界的なリーダーです。同時に、高品質の点字紙や点字ラベルの世界最大のメーカーでもあります。ViewPlus社は、点字、音声触覚、その他の代替製品や消耗品の大手プロバイダーであり、幅広い種類の点字プリンターを市場に提供しています。HumanWare社は、カナダに本社を置く北米の企業で、視覚障害者や弱視者向けの支援技術市場で急速な発展を遂げています。同社は、営業所や販売店の大規模なネットワークを持ち、世界中で広く展開しています。

COVID-19パンデミックの点字印刷機市場への影響

北米は、点字印刷機の新技術の発展に不可欠な地域です。これは、イノベーションを促進する有利な政府政策、広大な産業基盤の存在、米国やカナダなどの先進国を中心とした高い購買力などによるものです。米国は、点字印刷機の重要な市場であり、小売業や電子商取引を中心に市場が拡大しています。一方、同国でのCOVID-19感染者の大幅な増加と、その後のウイルス拡散を抑えるための様々な措置が、点字印刷機の製造・販売にマイナスの影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]