コネクテッドジム機器の市場規模、2027年に90億5,558万米ドル到達予測

コネクテッドジム機器の市場規模は、2019年の52億5,970万米ドルから、2027年には90億5,558万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて7.1%のCAGRで成長すると見込まれています。フィットネスや健康に対する意識の高まりが、コネクテッドジム機器の需要を押し上げています。コネクテッドジム機器は、データを収集してサーバーに保存し、どこからでもアクセスできるため、人気を集めています。フィットネスクラブは、新規顧客獲得のために最新技術を導入しており、これがコネクテッドジム機器の需要を高めています。しかし、小規模なヘルスクラブでは、コストが高いためにシステムをアップグレードできず、同市場の成長を抑制する主な要因となっています。

COVID-19パンデミックのコネクテッドジム機器市場への影響

COVID-19パンデミックの影響を最も受けている国は、米国、インド、ブラジル、フランス、トルコ、ロシア、英国、イタリア、スペイン、ドイツです。COVID-19パンデミックは、世界中の産業部門に影響を与えています。世界経済は2020年に最悪の打撃を受け、これは2021年にも続く可能性があります。この状況は、ジム、ヘルス・フィットネスクラブ、スイミングプール、ホテルのビジネスに顕著に表れています。これらのビジネスでは、コネクテッドジム機器をより多く使用する環境にあるため、コネクテッドジム機器市場の成長にマイナスの影響を与えています。

ジムは不要不急なサービスに分類されるため、政府はジムに規制をかけており、ほぼ1年前から深刻な状況にあります。そのため、有酸素運動や筋力トレーニングのためのコネクテッドジム機器の使用は、急激に減少しています。COVID-19の発生に対処するための渡航禁止、工場閉鎖、国境封鎖、輸出入制限などにより、ジム機器の製造に必要な原材料の供給、生産、販売に影響が出ています。一方、ジムに通うことができない人々の中には、コネクテッドジム機器を家庭用に購入して、トレーニングを続けようとする人もいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]