航空機用タービン燃料システムの市場規模、2028年に33億373万米ドル到達予測

航空機用タービン燃料システムの市場規模は、2020年の20億8,763万米ドルから、2028年には33億373万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて6.4%のCAGRで成長すると見込まれています。航空機用タービン燃料システムは、航空機の重要なシステムの一つです。同システムは、急激な操縦、高度の変化、急な加速や減速など、さまざまな飛行段階において、航空機が最適な性能を発揮できるように燃料の流れを管理します。当初、この仕組みは操縦士が手動で操作していましたが、技術の進歩に伴い、FADEC(Full Authority Digital Engine Control)のような自己校正機能付きの航空機用タービン燃料システムが市場に導入されるようになりました。航空機用タービン燃料システム市場は、国家安全保障に関わる政府予算が増加していることから、大きな成長を遂げています。世界各国の政府は、最新鋭の民間機や軍用機の調達に多大な投資を行っています。また、中間層の可処分所得の増加に伴う商業航空産業の成長と、世界各地でのMRO事業の拡大により、航空機の生産量が増加しており、これが航空機用タービン燃料システムの需要を世界的に押し上げています。

COVID-19パンデミックが航空機用タービン燃料システム市場に与える影響

COVID-19のパンデミックが発生により、民間航空業界全体の機能が停止し、将来を見通すためのリソースが最小限に縮小されてしまいました。米国、フランス、ロシア、中国の生産拠点は、政府の規制に基づき、一時的に閉鎖され、物理的な距離を置く措置が取られました。航空機メーカーでは、ほとんどの航空機モデル、特に民間航空機モデルの需要が30%から50%減少しました。航空機の生産・組み立てが減少したことにより、航空機用タービン燃料システムの需要が減少し、収益が減少しました。このことが、同市場の成長を抑制しています。

航空機製造の急増

世界の航空業界は、軍用機や民間機の大量生産により、安定した成長を続けています。過去10年間、民間航空業界は、低コストキャリア(LCC)の出現や、フルサービスキャリア(FSC)による様々な機体拡張計画、さらに、大衆の可処分所得の増加が相まって需要を伸ばし、著しい成長を遂げています。民間航空業界は、航空旅客数の増加により、近い将来、急成長すると予測されています。このように、世界中で航空機の調達が増加していることから、航空機用タービン燃料システム市場は、今後、拡大すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]