自動車用鉛蓄電池の市場規模、2028年に236億6800万米ドル到達予測

自動車用鉛蓄電池の市場規模は、2020年の168億6050万米ドルから、2028年には236億6800万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて3.1%のCAGRで成長すると予測されています。自動車用鉛蓄電池市場の成功は、自動車産業の業績と密接に関係しています。したがって、自動車産業が成長していれば、自動車用鉛蓄電池市場も同様に成長します。鉛蓄電池のこのような傾向は、自動車分野で継続的に使用されていることから、今後も続くと予測されます。バッテリーは、自動車の始動、照明、点火(SLI)に使用されています。乗用車や小型商用車の生産台数が増加していることに加え、オンザロードフリート(路上走行中の車両)が増加していることから、今後数年間は業界の発展に寄与すると予測されます。また、先進的な安全システムやナビゲーションシステムを搭載した高機能車の普及が進んでいることも、シェアリングコンセプトに好影響を与えています。米国や中国などの経済圏は、自動車産業が発展する上での主要な市場です。現在、市販の12Vバッテリー技術は、鉛ベースの化学物質に依存しています。年間4億個以上の12V鉛電池が製造されており、OEMとアフターマーケットの両方のニーズに応えています。欧州では、年間6,000万個以上の電池が必要とされています。そのため、自動車用鉛蓄電池市場は、今後も成長する可能性があります。

2020年の自動車用鉛蓄電池市場は、APAC(アジア太平洋地域)が優勢でした。APACの人々の間でプレミアムカー、セダン、SUVが広く採用されていることが、この地域の市場シェアに貢献しています。さらに、主要メーカーは、顧客からの新たな要求に応えるために、自動車用鉛蓄電池の搭載を求めています。自動車製造業の増加、電気自動車の需要の高まり、自動車用鉛蓄電池メーカーによる低コスト・高効率製品の提供などが、APAC諸国の市場を牽引すると考えられます。

COVID-19パンデミックの自動車用鉛蓄電池市場への影響

COVID-19の発生は、自動車用鉛蓄電池のハードウェア部品を含む電子機器のサプライチェーンと製造に深刻な影響を与えています。COVID-19ウイルスの出現による、ロックダウンシナリオが続いていることから、自動車業界の専門家は、自動車機器のサプライチェーンにおいて少なくとも4分の1のラグが発生すると分析しています。この混乱は、2021年半ばまで続くと予測されます。パンデミック終息後、各国政府が抑制策を解除したあと、電子機器・自動車産業の成長は、即座にペースアップすると考えられます。2022年以降は、電子機器・自動車の生産量が増加し、自動車用鉛蓄電池のハードウェア部品を含む電子機器・自動車の製造に、プラスの影響を与えると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]