投資家向けESGソフトウェアの市場規模、2028年に14億9,631万米ドル到達予測

投資家向けESGソフトウェアの市場規模は、2020年の4億8,915万米ドルから、2028年には14億9,631万米ドルに達し、2021年から2028年の間に15.4%のCAGRで成長すると予想されています。投資家向けESGソフトウェア市場の成長の背景には、ESG投資を促進する政府の取り組みがあります。ESG(Environmental, Social, and Governance)投資は過去10年間で人気を博しており、ESG評価を取り入れたプロが管理するポートフォリオの価値は、世界で17兆5000億米ドルを超えるとの試算もあります。さらに、機関投資家や個人投資家が利用できるESG関連の取引投資商品の価値は1兆米ドルを超えており、金融市場全体で急速に増加しています。欧州、アジア、北米などの地域では、政府によるESG投資への取り組みが年々増加しており、投資家向けESGソフトウェアの導入が促進されています。

2021年3月、欧州連合(EU)は、環境・社会・ガバナンス(ESG)に配慮した金融商品を販売するファンドマネージャーに対し、その商品が特定の基準をどのように満たしているかを正確に示すことを義務付ける規制を設けました。サステナブルファイナンスディスクロージャー規制(SFDR)は、EUのグリーンディール活動の一環として、ESG商品を販売するファンドマネージャーに対し、持続可能なラベルが貼られた商品が気候変動をどのように修正できるかを明らかにすることを義務づけ、真の持続可能な投資を促しました。一方、中国政府など他の政府機関では、上場企業の情報開示を義務付ける期限を2020年末までとしていましたが、パンデミックの影響で2021年に延期されました。習近平国家主席は、2060年までにカーボンニュートラルになるという中国の目標を宣言し、低炭素経済への移行を加速させています。このように、各国で持続可能な投資を実施するための政府の取り組みが、適切な分析を行うための技術の導入を刺激し、投資家向けESGソフトウェア市場の成長を促進しています。

COVID-19パンデミックの投資家向けESGソフトウェア市場への影響

COVID-19パンデミックにより、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大していることから、世界各国の政府は、自動車や人の移動を厳しく制限するよう求めています。旅行禁止、大規模なロックダウン、ビジネスの停止などにより、パンデミックは国の経済や産業に悪影響を及ぼしています。この影響で、商品や製品、サービスの生産量が減少しています。製造業、自動車産業、半導体・電子産業、石油・ガス産業、鉱業、航空産業、その他の産業では、活動の一時的な停止により操業が低迷しています。各国政府は、この病気の蔓延を抑えるためにロックダウンを実施しました。先進国、途上国を問わず、企業は、顧客の持続可能な投資プロファイルを抽出し、企業リスクを軽減するために、投資家向けESGソフトウェアを採用しています。このようなシナリオにより、COVID-19の状況下で、投資家向けESGソフトウェア市場の成長が促進されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]