自動車ロジスティクスの市場規模、2028年に3,028億2,280万米ドル到達予測

自動車ロジスティクスの市場規模は、2020年の1,807億2,380万米ドルから、2028年には3,028億2,280万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて6.4%のCAGRで成長することが見込まれています。自動車業界では、資源の調達、保管、他の場所への移動を完全に管理するために物流サービスを利用しています。自動車メーカーは、費用対効果の高い物流アプローチを実現するために、さまざまな物流プロバイダーと提携しています。世界中で自動車の生産台数が増加していることから、自動車部品やスペアパーツ、完成車の輸送のための自動車ロジスティクスサービスの需要が高まっており、同市場の成長を促進しています。

アジア太平洋地域は、プレミアムカー、セダン、SUVが広く普及していることから、2020年の自動車ロジスティクス市場を独占しています。さらに、General Motors、トヨタ、Ford、三菱モーターズ、いすゞ、Hyundai、Volkswagen.などが、この地域で有力な商用車メーカーです。東南アジア諸国では、国内および海外に組立ラインを持つ自動車メーカーが多く、部品やスペアパーツの需要が常に高いことから、今後数年間、自動車ロジスティクス企業に豊富な機会を提供することが期待されています。自動車メーカーは、自動車部品やスペアパーツ、完成車を製造工場から販売店に輸送するという需要に対応するため、主要な物流企業との提携を進めています。このような要因が、東南アジアの自動車ロジスティクス市場の成長を後押ししています。

COVID-19パンデミックの自動車ロジスティクス市場への影響

COVID-19パンデミックは、自動車のサプライチェーンと製造に深刻な影響を与えています。この危機によるロックダウンにより、自動車業界の専門家は、自動車機器のサプライチェーンにおいて少なくとも4分の1の遅れが生じると分析しています。この混乱は、2021年半ばまで続くと予想されます。世界各国の政府が抑制策を解除した後、自動車産業は早いペースで回復すると思われます。2022年以降、自動車の生産台数は増加すると予想されており、自動車製造業の強化が予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]