空港清掃機の市場規模、2028年に39億4,234米ドル到達予測

空港清掃機の市場規模は、2021年の27億3,794米ドルから、2028年には39億4,234米ドルに達し、2021年から2028年の間に5.3%のCAGRで成長すると予測されています。先進的な清掃機械・設備へのニーズが高まり、空港清掃機械市場を牽引しています。OEMは、研究開発(R&D)に投資して、クラス最高の先進的な清掃機械を開発しています。空港では現在、構内の衛生状態を一定レベルに保つことが求められています。そのためには、効率の良い洗浄機が必要です。空港には毎日多くの人が出入りするため、健康と安全の枠組みを維持することが大きなプレッシャーとなっています。空港清掃機市場には、さまざまな清掃機器を提供するサプライヤーが数多く存在します。例えば、NWCE社は、ウォークビハインド型スクラバードライヤーやライドオン型スクラバードライヤーなど、幅広い洗浄機を提供しています。同時に、NWCE社は、空港に存在する有害な細菌や病原菌を殺すために設計された、革新的な殺菌洗浄機を提供しています。さらに、カメラや光センサーを搭載し、掃除すべき場所の情報を提供する自律型の清掃機も開発されています。近年、多くの国際空港では、自律型モバイルロボットが、労働力の最適化、業務パフォーマンスの向上、リスクの軽減、旅行者の体験向上に貢献できることを確信しています。そのため、これらの空港では、最高クラスの清掃機器を提供できるサプライヤーとの提携を模索しています。 

COVID-19パンデミックの空港清掃機市場への影響

COVID-19パンデミックは、世界中の産業を震撼させました。ロックダウンにより、製造業やITなど様々な産業の操業が妨げられました。しかし、FMCG(Fast-Moving Consumer Goods)や製薬などの必須産業は操業を続けなければなりませんでした。また、アメリカやカナダなどでは、空港の改修や拡張など、さまざまな大型建設プロジェクトがパンデミックの影響で中止されました。例えば、ローリー・ダラム国際空港では、第1ターミナルを9ゲートから22ゲートに拡張し、新たなセキュリティチェックポイントやレンタカー施設の統合などを進める予定でした。しかし、パンデミックの影響でこの拡張計画は中止となりました。同様に、バンクーバー国際空港のインフラプロジェクトも、COVID-19の影響で中止されました。このような大型プロジェクトの停止により、空港清掃機器メーカーは多くの潜在的な顧客やプロジェクトを失い、全体的なキャッシュフローに支障をきたしました。この影響は、需要側だけでなく、供給側にも及びました。北米地域の製造施設が数ヶ月間稼働しなかったため、サプライチェーンと原材料の調達が混乱しました。このため、OEMメーカーは四半期ごとの収益を維持することが課題となりました。空港清掃機メーカーにとっての2020年の決算は、2019年の決算を大きく下回る結果となりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]