ファインピクセルピッチLEDディスプレイの市場規模、2028年に54億9,084万米ドル到達予測

ファインピクセルピッチLEDディスプレイの市場規模は、2020年の15億3,550万米ドルから、2028年には54億9,084万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて18.1%のCAGRで成長すると予想されています。LEDディスプレイは、世界有数のスタジアムに欠かせない設備となっています。スタジアムにいるファンがイベントの詳細を見ることができ、その場を盛り上げることができるだけでなく、多くの広告収入をもたらします。Absenの屋外用LEDディスプレイ、A1099/A1699、XD/XD PLUS、SRシリーズは、業界最高水準の技術力を備え、スポーツ業界の幅広い用途に対応しています。ブラジルでは、サッカーやバスケットボールなどのスポーツが盛んなため、LEDディスプレイのサプライヤーが数多く存在しています。2014年には、12のスタジアムでメガイベントFIFAワールドカップ・ブラジルが開催されましたが、そのすべてのスタジアムにAOTO Electronicsが提供するペリメータ型LEDディスプレイシステムが設置されました。また、2016年にはリオデジャネイロでオリンピックが開催され、今後もこのような大規模なスポーツイベントが開催される可能性があります。これらのイベントは、ラテンアメリカにおけるファインピクセルピッチLEDディスプレイの成長を促進しています。

MEA(中東・アフリカ)のホスピタリティ産業は大きな変化を遂げています。観光産業の急速な成長に伴い、イベントやプロモーションのためのデジタル広告の活用が求められています。ホテルでは、ゲストがロビーに足を踏み入れた瞬間からシームレスなデジタル体験を提供するために、簡素化されたディスプレイ管理と、複数の場所での容易なコンテンツ管理を導入する必要があります。そのため、デジタルサイネージは将来のホテリングビジネスの大部分を占めると考えられています。デジタル化は、ホテル、レストラン、ホリデーリゾート、その他のホスピタリティ施設の評判やブランドイメージの強化に役立ちます。ホテルのロビー、エレベーター乗り場、客室、出入り口、廊下、会議場などに設置されたタッチスクリーンデバイスやサイネージに、モーショングラフィックスやアニメーションなどのインタラクティブなプログラムをインストールすることで、ゲストが見過ごしがちな静的で受動的なサイネージではなく、ゲストとつながることができます。

COVID-19パンデミックがファインピクセルピッチLEDディスプレイ市場に与える影響

COVID-19の流行により、電子機器、半導体、製造業などの第一次産業に大きな混乱が生じています。これらの産業は、ファインピクセルピッチLEDディスプレイ製品およびソリューションの主要な供給源であるため、産業の急激な低迷は、同市場の成長に影響を与えます。工場の操業停止、渡航禁止、貿易禁止、国境封鎖などの措置が、様々なLED製品の製造、供給、販売に影響を与えています。しかし、病院や公共施設、政府機関などでの放送や啓発用スクリーンの動向は、ファインピクセルピッチLEDディスプレイの重要性を知り、市場の回復の助けとなります。また、COVID-19対策として、公共の場で情報を発信するLEDウォールが増えていくことが予想され、市場に有利な成長機会をもたらすことが期待されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]