型枠システムの市場規模、2028年に74億8,632万米ドル到達予測

型枠システムの市場規模は、2020年の55億5,233万米ドルから、2028年には74億8,632万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて4.2%のCAGRで成長すると予測されています。型枠とは、コンクリートを流し込んで成型するための一時的な型を作る作業のことです。型枠は、かつては木材で構成されていましたが、現在では鉄やアルミ、プラスチックなどさまざまな素材が用意されています。型枠にかかる圧力は、コンクリートの種類と打設時の温度の両方に影響されます。政府の支援による建設業界の成長や、環境に配慮した建物の建設への関心などの要因が、インフラプロジェクトに影響を与えおり、型枠システム市場の成長を促しています。また、木材や合板は、安価に入手でき、多目的に使用できるため、他の素材よりも普及率が高くなっています。さらに、トンネル型枠、グラスファイバー製シャッター、ワイヤレス温度監視型枠システムなどの高度な技術の出現により、型枠システム市場は十分な成長が見込まれています。

経済の発展に伴い、革新的な建築技術が都市の景観を変えるようになりました。都市化・工業化の進展に伴い、住宅・商業施設・各種産業の建設工事が急増していることが、今後の型枠システム市場の成長を牽引すると考えられます。政府は建設やインフラ整備の強化に力を入れており、これが足場・型枠業界に有利な機会をもたらすと考えられます。

2020年は、APAC(アジア太平洋地域)が最大シェアを占めました。この地域は、都市化と工業化が進んでいるため、今後最も高い成長率を記録すると予想されています。この地域は人口が多いため、商業施設や住宅の建設に対する需要が高くなっています。さらに、東南アジアでは建設活動が大幅に増加しており、今後数年間、同地域の型枠システム市場の成長を支えると予想されています。

COVID-19パンデミックの型枠システム市場への影響

COVID-19の発生は、型枠システムのハードウェアコンポーネントを含む、不動産や建築構造物の建設に深刻な影響を与えました。このロックダウンシナリオにより、建設業界の専門家は、建設機器のサプライチェーンにおいて、少なくとも4分の1のラグに直面するだろうと分析しています。この混乱は、2021年半ばまで続くと予想されています。製造業と建設業は、各国政府が抑制策を解除した後、早いペースで回復すると予測されています。2022年以降、住宅や商業施設の建設が本格化すると考えられ、型枠システムのハードウェアコンポーネントを含む建設機械の製造が強化されることが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]