認証およびブランド保護の市場規模、2028年に53億2,257万米ドル到達予測

認証およびブランド保護の市場規模は、2020年の29億7,150万米ドルから、CAGR7.9%で成長し、2028年には53億2,257万米ドルに達すると予測されています。2019年の認証およびブランド保護市場では、北米が最大シェアを占めました。米国製品の各国における認知度は高く、このことは、製品の認証とブランド保護を確実に行う必要性を強調しています。そのため、米国のメーカーは、それぞれの製品のプライバシー機能に多額の費用をかけています。

各国政府は、偽造品に関連する意識を高め、一般市場での売買を薦めるためのイニシアチブに取り組んでいます。また、タバコ業界では、偽造品を減らすために、認証やブランド保護に対する需要が高まっており、これが認証およびブランド保護市場の成長を促しています。De La Rue International Limitedによると、毎年約6,000億本もの不正なタバコが出回っており、これは全消費量の約10%を占めています。また、Authentix, Inc.によると、違法なタバコの取引を排除することで、政府は税収を通じて少なくとも310億米ドルの利益を得ることができます。このように、タバコの違法取引を規制する政府の取り組みは、認証およびブランド保護市場の成長に大きなチャンスをもたらしています。

COVID-19パンデミックの認証およびブランド保護市場への影響

COVID-19パンデミックにより、北米諸国では商業活動に支障をきたし、店舗の閉鎖や営業上の制限を余儀なくされています。小売業者やブランドは、健康と安全、サプライチェーン、労働力、キャッシュフロー、消費者需要、マーケティングなど、様々な課題に直面しています。北米では、3月初めに店舗の閉鎖が始まりました。都市や州がウイルスの拡散を抑えるために戦っており、この傾向は今後も続くと予想されます。さらに、COVID-19パンデミックは、デジタルコマースを急速に加速させています。ソーシャルディスタンスの確保が叫ばれている中で、医薬品や必要な食品・飲料をEコマースで注文することは、アメリカの人々にとってサバイバルツールとなっています。さらに、パンデミックが様々な産業に及ぼす悪影響とその対策が、この地域の認証およびブランド保護産業の成長を制限しています。ブランドの評判を落とす偽造品の問題に対処するため、製薬会社や食品・飲料メーカーを中心に、ブランド保護技術が採用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]