ブローチングツールの市場規模、2028年に2億1,690万米ドル到達予測

ブローチングツールの市場規模は、2020年の1億4,889万米ドルから、2028年には2億1,690万米ドルに達し、2021年から2028年の間に5.3%のCAGRで成長すると予想されています。世界的な経済成長を背景に、製造業は過去20年間、APAC(アジア太平洋地域)の新興国を中心に大きな牽引力を発揮してきました。ブローチングツールは、さまざまな工業部品やサブアセンブリ部品の製造に広く使用されています。自動車、航空宇宙・防衛、建築などの最終用途分野では、高速で正確な仕上げ加工に対する需要が高まっており、ブローチングツールメーカーは先進的な工具を市場に投入しています。APACでは、製造業が主要な経済成長の原動力の一つとなっています。労働コストの低さ、若年層の増加、子会社や税制優遇措置などの政府の政策により、企業はAPACに大規模な製造拠点を設置しています。さらに、Made in China 2025やMake in Indiaなどの政府の取り組みが、同地域の製造業の成長を促進しています。また、APACでは、大衆の可処分所得の増加に伴い、現代的なライフスタイルの導入が進んでおり、家電製品や自動車の需要が高まり、製造業を後押ししています。そのため、APACでは製造業の成長がブローチングツール市場の成長を牽引しています。

COVID-19パンデミックのブローチングツール市場への影響

COVID-19パンデミックは、世界中の産業に悪影響を及ぼしており、この影響は2021年にも続いています。この大流行は、製造業、ヘルスケア、エネルギー・電力、電子・半導体、航空宇宙・防衛、建設などの第一次産業に大きな混乱をもたらしました。これらの産業における活動の著しい低下は、ブローチングツール市場のパフォーマンスにマイナスの影響を与えています。渡航制限、貿易禁止、職場での労働力制限などの封じ込め政策の再実施により、ブローチングツールなどの産業機器を含む様々なビジネスの製造、供給、販売に支障が出ています。

近年、高級自動車の需要が増加し、北米や欧州などの先進地域を中心に自動車生産台数が増加しています。また、新興国を中心に商用車や乗用車の需要も増加しています。ブローチングツールは、自動車分野において、ギア、トランスミッションシャフト、ステアリングホイールハブ、ステアリングヨークなどの製造に広く利用されています。非営利団体Center for Automotive Researchによると、2018年、FCA、GM、Ford、Hyundai、日産、Volkswagen、トヨタなどの自動車メーカーの、自動車産業への投資額は48億米ドルに達しました。また、欧州では、自動車の研究開発(R&D)への投資額が6.7%増加し、年間670億9000米ドルに達しています。高級車の需要の高まり、自動車生産台数の増加が、自動車産業におけるブローチングツールの採用を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]