雇用選考サービスの市場規模、2028年に63億9,009万米ドル到達予測

雇用選考サービスの市場規模は、2020年の41億9,194万米ドルから、2028年には63億9,009万米ドルに達し、2021年から2028年の間に5.51%のCAGRで成長すると予想されています。雇用選考サービス市場の成長は、求職者数の増加に伴い、時間効率の良い選考システムが求められていることに起因しています。21世紀に入り、先進国や発展途上国の都市部では、より良い生活を求めて人口が急増しています。生活水準の向上、雇用機会の増加、近代的な設備やサービスの利用などが、世界各地で農村人口の都市部への移動を促進した主な要因です。その結果、消費者の可処分所得が増加しました。世界銀行によると、現在、世界の人口の50%以上が都市部に住んでいます。2045年には、世界の都市人口は1.5倍に増え、60億人に達すると報告されています。都市化が今後も拡大していく中で、都市部での雇用創出の必要性も本格的に高まっています。競争力のある地域では、産業や企業が雇用機会を創出し、生産性を高め、市民の所得を増やすことができます。さらに、どのような組織においても、雇用を望む人の数は常に多くなっています。特定のプロファイルに適した候補者を選択することは、より複雑になっており、職能審査のための面接を行う従来の方法は時間がかかり、非効率的です。そのため、効率的で迅速な従業員スクリーニングシステムの需要が、エンドユーザー企業によって増加しています。

COVID-19パンデミックが採用審査サービス市場に与える影響

COVID-19のパンデミックによる景気の悪化により、世界各地で失業者が増加しています。例えば、米国では、2020年2月に620万人だった失業者数が、2020年5月には2050万人に達しました。その結果、2020年の米国の失業率は、2月の3.8%から5月には13.0%に上昇しました。2020年4月も失業率の上昇は続き、14.4%となりました。しかし、2020年第3四半期以降は、米国におけるCOVID-19の感染者数が減少に転じたことで、同国の経済活動が徐々に正常化するきっかけとなっています。その結果、地域全体で製品やサービスに対する需要が増加しました。さらに、ワクチンの流通や管理活動が改善されたことで、米国では2021年2月の求人数が予想以上に増加しました。JOLTS(Job Openings and Labor Turnover Survey)が発表したデータによると、2021年3月の求人数は、2021年2月の710万件から740万件に増加しました。とはいえ、労働市場は2019年後半の状態に回復するには時間がかかります。米国の雇用率は2020年2月の3.8%から2021年2月には4%に上昇しました。このように、北米の雇用選考サービス市場は、地域の経済が正常に復活し始めたことで大幅に成長し始め、業界全体の採用プロセスの加速に貢献しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]