触覚印刷の市場規模、2028年に22億5792万米ドル到達予測

触覚印刷の市場規模は、2021年の13億5,327万米ドルから、2028年には22億5,792万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて7.6%のCAGRで成長することが予測されています。触覚印刷とは、印刷基材上に、触って感じることのできる質感を形成するプロセスです。触覚印刷は、医薬品、医療用パッケージ、ヒューマンサービス、ヘルスサイエンス、農業、サービスなどの分野でさまざまな用途があります。触覚印刷の需要増加は、マッピング、ラベリング、パッケージング、セキュリティ、セキュアドキュメントなどの分野でこの技術が使用されるようになったことによるものです。さらに、点字印刷されたゲーム、リストバンド、音楽カード、ピン、スイッチ、訪問カード、ロケーションラベル、ステッカー、グリーティングカード、計算機などのカスタマイズされたソリューションへの需要の高まりにより、点字印刷技術への投資が増加しており、触覚印刷市場の成長を促進しています。多くの国が視覚障害者の雇用促進に力を入れていることから、点字印刷業界は触覚印刷市場のプレーヤーに大きなチャンスを与えています。

COVID-19パンデミックの触覚印刷市場への影響

バリューチェーンの需要と供給の混乱により、触覚印刷市場で活動する企業は、収益と事業成長の低下を目の当たりにしています。そのため、この大流行は2020年の市場全体の成長をある程度抑制しました。しかし、世界的に商業・産業ユーザーからの需要増加が見込まれるため、市場成長は2021年第3四半期から正常化し、2021年から2028年までは安定した成長が続くと予想されます。

視覚障がい者のための触覚印刷グラフィックスの需要拡大

中小企業の経営者は、多様な候補者に雇用機会を提供しており、身体障害者の雇用にも対応しています。そのため、マーケティング、経営管理、ヒューマンサービス、健康科学、農業などの分野では、視覚障害者が大規模に雇用されています。また、非営利団体、地方自治体、州政府、連邦政府、自営業者なども視覚障害者を雇用しています。法律の改正や市民権法も、視覚障害者のキャリア機会にプラスの影響を与えています。そのため、職場で視覚障害者を支援するために、触知式サインボードや地図が求められています。 

アプリケーション別の市場分析

市場は、アプリケーション別に、包装・ラベル、触覚印刷グラフィックス、セキュアドキュメントに分類されます。2020年には、包装・ラベル分野が市場を牽引しました。触覚印刷は、様々な業種のパッケージングやラベリング作業で使用されており、企業がより幅広い顧客層を獲得するのに役立っています。また、触覚印刷された包装材やラベルは、視覚障害者の助けにもなります。さらに、触覚印刷を使用することで、ブランドは包装におけるトレンディなプレゼンテーションや装飾的な装飾、バリア性などの特別な機能を提供することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]