MIL-DTL-81714シリーズIIコネクタの市場規模、2028年に7,329万5,130米ドル到達予測

MIL-DTL-81714シリーズIIコネクタの市場規模は、2021年の3,899万1,020米ドルで、2028年には7,329万5,130米ドルに達し、2021年から2028年にかけて9.4%のCAGRで成長すると予測されています。既存の戦闘機のアップグレードは、MIL-DTL-81714 Series IIコネクタの採用を促進する大きな要因の一つです。2018年、タイ王国空軍は、サーブ早期警戒システムのアップグレード、F-16戦闘機とL-39s訓練機の交換、各種輸送機、ヘリコプター、無人機の調達などの計画を発表しました。同様に、国防調達評議会(DAC)は2020年7月、インド空軍(IAF)のMiG-29戦闘機21機の購入、IAFの在庫である既存のMiG-29戦闘機59機のアップグレード、ロシアからのSu-30MKI12機の購入など、3,890億インドルピーに相当する防衛案件を承認しました。さらに、最新鋭の戦闘機や輸送機の調達が増えていることも、MIL-DTL-81714シリーズIIコネクタ市場の成長を後押ししている。例えば、インド政府は、83機のLCA(Light Combat Aircraft)マーク1 Aの契約を最終的に決定しており、また、インド空軍(IAF)の航空機在庫の枯渇に対処するため、200機の航空機の取得を進めています。また、米国の大手防衛企業であるボーイング社は、F-15EXイーグル戦闘機をインド空軍に提供することを検討しており、米国当局にインドへの輸出許可を申請しています。この動きは、ボーイング社が114機の戦闘機を調達する180億米ドル相当のIAF契約を奪取しようとしていると見られています。同様に、アルゼンチン空軍もIA63、Mi-171、KC-390、T-6C+などの航空機の調達計画を発表しています。MIL-DTL-81714シリーズIIコネクタ市場は、軍用機の導入が進むことにより、大きな成長が見込まれています。

COVID-19パンデミックのMIL-DTL-81714 Series IIコネクタ市場への影響

COVID-19の発生は、世界経済に大きな影響を与えています。政府は感染の拡大を抑制するために、産業、商業、公共の活動にいくつかの制限を課しています。そのため、パンデミックの影響で航空機の生産量が激減しており、MIL-DTL-81714シリーズIIコネクタの採用率が低下しています。航空機メーカーや航空機のMROサービスプロバイダーは、パンデミックの間、大きな損失を被ることになります。

無人航空機の出現

現代の戦争における急激な変化により、各国政府はそれぞれの軍隊に高額の予算を割り当てるようになっています。軍事予算の増額により、軍は無人航空機(UAV)をはじめとする先進的な戦力の開発・調達に取り組むことができます。UAVは、情報収集、監視、偵察、目標捕捉、戦闘被害管理、配送、輸送、戦闘活動などに広く使用されています。現在、各国の航空宇宙・防衛産業では、航空機の近代化が一般的に行われています。MIL-DTL-81714 Series II コネクタ市場は、無人航空機の導入拡大に伴い、大きな成長が見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]