自己粘着性ビニルフィルムの市場規模、2028年に60億3264万米ドル到達予測

自己粘着性ビニルフィルムの市場規模は、2020年の42億8599万米ドルから、2028年には60億3264万米ドルに達し、2020年から2028年にかけて4.5%のCAGRで成長すると見込まれています。自己粘着性ビニルフィルムは、片面に感圧性接着剤を有するビニルフィルムです。このフィルムは、前面素材、接着剤、剥離コーティング、剥離ライナーで構成されています。床材、壁材、台座、キャビネット、窓など、建築物に多くの用途があります。また、自動車、工業、包装、広告などの分野でも広く使用されています。

COVID-19の発生による影響で、化学・素材産業は、サプライチェーンの断絶、技術イベントの中止、オフィスの閉鎖など、深刻な混乱に見舞われています。北米、欧州、アジア太平洋、南米、中東・アフリカなどの主要地域における各種プラントや工場の停止により、サプライチェーンが制限され、製造活動や配送スケジュール、各種化学品・材料の販売に支障をきたしています。また、すでに各社から製品の納入遅延や今後の販売不振の可能性が発表されています。これらの要因は、化学・素材産業に悪影響を及ぼしており、この産業に関連する様々な市場の成長を阻害しています。

デジタルプリントとサイネージの需要拡大

自己粘着性ビニルフィルムは、ガラス、セラミック、金属、プラスチックなど、さまざまな表面に貼ることができます。この市場の成長は、主にデジタルプリントやサイネージで自己粘着性ビニルフィルムが広く使用されていることに起因しています。また、床材、壁材、プラットフォーム、デッキなどの建築用途にも広く使用されています。建設業界の急速な成長は、自己粘着性ビニルフィルムの需要をさらに高めると予想されます。さらに、住宅のリフォームやDIYの人気が高まっていることも、同市場の需要をさらに押し上げています。

タイプ別洞察

同市場は、タイプ別に、半透明、透明、不透明に分けられます。不透明タイプは、2020年に最高シェアで同市場をリードしました。不透明タイプは、主に割引やクリアランスセール、営業時間など、顧客の注意を引く広告用に使用されます。また、様々なイベントなどでも使用することができます。これらのビニルフィルムは、安価ですぐに貼り付けることができ、また簡単に貼りかえることができます。不透明タイプのウィンドウグラフィックスは、顧客に情報を提供するためのリソースとしても使用されます。不透明タイプのビニルフィルムは目立つため、建物、自動車、広告など多くの用途で利用が増えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]