両面テープの市場規模、2028年に150億2898万米ドル到達予測

両面テープの市場規模は、2020年の99億6374万米ドルから、2028年には150億2898万米ドルに達し、2020年から2028年にかけて5.4%のCAGRで成長すると見込まれています。両面テープとは、両面に粘着剤層が塗布された感圧テープのことで、2つの面をくっつけることができるため、さまざまな用途に使われています。自動車、医療、建築などの多くの製造業で、固定や接着に使用されています。両面テープを使用すると、表面張力が均等に広がるため、ネジやリベットよりも優れた選択肢となります。

COVID-19の発生は、ロックダウン、渡航禁止、ビジネスの停止などにより、様々な国の経済や産業に悪影響を及ぼしています。化学・素材産業は、サプライチェーンの断絶、技術イベントの中止、オフィスの閉鎖など、深刻な混乱に見舞われている重要な産業の一つです。北米、欧州、アジア太平洋、南米、中東・アフリカなどの主要地域における各種プラントや工場の停止により、サプライチェーンが制限され、製造活動や配送スケジュール、各種化学品・材料の販売に支障をきたしています。また、各社からは、製品の納入遅延や今後の販売不振の可能性が発表されています。これらの要因は、化学・素材産業に悪影響を及ぼしており、この産業に関連する様々な市場の成長を制限しています。

両面テープの幅広い用途

両面テープは、両面に粘着剤が塗布された感圧テープで、自動車、ヘルスケア、建築・建設などの多くの製造業で固定や接着に使用されています。両面テープを使用すると、表面張力が均等に分散されるため、ネジやリベットよりも優れた選択肢となります。液体のような粘性のある粘着剤は、圧力をかけると表面に付着し、2つの基材を固定するのに役立ちます。両面テープの主な用途は、紙・印刷、電気・電子、包装、自動車などです。この市場の成長は、エンブレムやネームプレート、プレートパネル、ルーフモール、ロッカーパネル・クラッディング、サイドミラー、リアスポイラーなど、自動車用途に広く使用されていることに起因しています。また、ドアクラッド、シール、スポイラー、パーキングセンサーリテーナーなど、自動車のエクステリアにも使用されています。今後も、振動や騒音を低減する優れた特性などから、自動車用途での両面テープの需要が高まると予想されます。また、両面テープは、紙の製造工程で広く使用されています。抄紙機、カレンダー、シーター、コーターなどを連続して稼働させることができ、リールを閉じる、コアをスタートさせる、スプライシングなどの重要な作業に役立ちます。紙・印刷業界における両面テープの需要は、主にデジタル印刷や小売業界に由来しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]