医療用ポリオキシメチレンの市場規模、2028年に8848万2560米ドルに到達予測

医療用ポリオキシメチレンの市場規模は、2019年の6154万2140米ドルから、2028年には8848万2560米ドルに達し、2020年から2028年にかけて4.2%のCAGRで成長すると予想されています。ポリオキシメチレン(POM)は、高性能のエンジニアリング熱可塑性樹脂で、伝統的にホルムアルデヒドの開環重合によって製造され、主にペレットの形で供給されています。また、他のモノマーを添加することでホモポリマーやコポリマーを得ることができ、その構造的・機械的特性により、いくつかの医療機器の製造において金属に代わる材料として適していることが知られています。その、金属のような加工特性に加え、熱的・寸法的安定性、超高弾性率、強度・硬度・剛性の向上、最小の摩擦係数とガス・蒸気透過性、誘電性、高温下での保持特性を持つことが知られています。このような特性から、透析装置、器具のハンドル、医薬品の栓、吸入器、インシュリンペンなどの医療機器や装置の製造に理想的な材料となっています。同市場の成長は、医療機器産業の成長に伴う技術の進歩によって強く牽引されています。急速な都市化により、経済成長や慢性疾患や病気の発生率は上昇し、医療用ポリオキシメチレンの需要をさらに牽引しています。

2019年の医療用ポリオキシメチレン市場は、アジア太平洋地域が最大のシェアを占めました。この成長には、強力な産業基盤と著名なメーカーの存在が貢献しています。中国、日本、韓国、インドなどにおける医療分野の成長は、アジア太平洋地域における市場成長に有利な機会をもたらし、急速な都市化と慢性疾患の増加も、この成長を後押ししています。また、原材料の入手が容易であることや、安価な労働力、低コストでの生産も、同地域の市場を牽引する要因となっています。

COVID-19のパンデミックは、政府によるロックダウンや渡航禁止、ビジネスの停止などにより、様々な国の経済や産業に悪影響を及ぼしています。化学・素材産業は、サプライチェーンの断絶、技術イベントの中止、オフィスの閉鎖など、深刻な混乱に見舞われている産業の一つです。北米、欧州、アジア太平洋、南米、中東・アフリカの様々な工場やプラントの停止により、世界のサプライチェーンが制限され、製造活動、配送スケジュール、製品販売に悪影響が出ています。さらに、多くの企業が、製品の納入遅延や将来の製品販売の不振を予測しています。これらの要因はすべて、化学・素材産業の活動を妨げており、この産業に関連する市場の成長を制限しています。平常時の生活を取り戻しつつある国が存在する一方で、多くの国では感染症の第2波が発生しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]