マヌカハニーの市場規模、2028年に12億3815万米ドルに到達予測

マヌカハニーの市場規模は、2019年の7億4169万米ドルから、2028年には12億3815万米ドルに達し、2020年から2028年にかけて5.9%のCAGRで成長すると予測されています。 

マヌカハニーは、マヌカの木の花蜜から採取され、オーストラリアとニュージーランドでのみ生産されています。マヌカハニーの主な有効成分はメチルグリオキサールです。これは抗菌性のある有機化合物で、医薬品としてだけでなく、日常的な健康増進にも利用することができます。消費者のライフスタイルの変化、健康への関心の高まり、医療費の増加、健康で活動的なライフスタイルへの嗜好の高まりなどが、マヌカハニーの需要を促進する主な要因となっています。  

北米のマヌカハニー市場は、最も高いCAGRで成長すると予想されています。子供の間食の増加と、栄養強化食品の消費の急増が、北米のマヌカハニー市場の成長を促しています。マヌカハニーは、各社がレシピを提供しているスナックバーの材料として使用されています。例えば、Comvita社は、スイート&ソルティなマヌカマジックバーのレシピを提供しています。北米地域におけるマヌカハニーの主要市場は米国であり、カナダとメキシコがそれに続きます。消費者のフィットネスや体重調整への関心の高まりにより、自然食品への需要が高まり、マヌカハニー市場の成長を後押ししています。米国やカナダでは、スーパーマーケットやハイパーマーケットなどの近代的な小売店の存在が、これらの国でのマヌカハニー市場の成長に有利に働いています。 

COVID-19のマヌカハニー市場への影響

COVID-19パンデミックの影響は、ロックダウン、旅行禁止、ビジネスの停止などにより、様々な国の経済や産業に影響を与えています。食品・飲料業界は、この感染症の発生により、サプライチェーンの断絶や生産工場の停止など、深刻な混乱に見舞われている市場の一つです。アジア諸国は、食品・飲料の世界的なハブであり、様々な産業の最大の原料供給国の一つです。これらの国の工場やプラントの停止は、世界のサプライチェーンに影響を与え、商品の製造、配送スケジュール、販売に悪影響を与えています。多くの企業が、製品の納入遅延や今後の販売不振の可能性を発表しています。これらの要因は、食品・飲料業界、およびこの業界に関連するその他の市場の成長を抑制しています。 

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]