有機小麦誘導体の市場規模、2028年に9億1227万2310米ドル到達予測

有機小麦誘導体の市場規模は、2020年の6億2923万5100米ドルから、2028年には9億1227万2310米ドルに達し、2021年から2028年にかけて4.8%のCAGRで成長すると予想されています。

有機小麦誘導体とは、有機小麦を加工して得られる、でんぷん、グルテン、ふすま、DDGS、マルトデキストリンなどの副産物のことです。消費者のライフスタイルや食生活の変化に伴い、健康的な食品やその原料に対する需要が高まっています。健康志向や、天然素材の食品への関心の高まりを受けて、有機小麦を使用した製品の需要は着実に増加しています。有機小麦誘導体は、栄養価の高い特性から、いくつかのアプリケーションベースをサポートしています。例えば、有機栽培の小麦デンプンは、食品・飲料業界で重要視されています。小麦でんぷんの優れたゲル化作用、安定化作用、増粘作用により、ケーキ、ビスケット、パン、ワッフル、その他焼き菓子など、さまざまな食品の調製に不可欠な成分として扱われています。

2020年は、北米が有機小麦誘導体市場で最大シェアを占めました。北米諸国では食品部門が確立されているため、この地域で活動する有機小麦誘導体メーカーには幅広い消費者層が存在します。また、ベーカリー製品やファストフード製品の調理に使用される有機小麦誘導体の需要が高まっており、メーカーにとっての成長の機会となっています。北米では、消費者の多忙なライフスタイルにより、ベーカリー製品、スナック、麺類、パスタなどのコンビニエンスフードの消費が増加しており、有機小麦誘導体の需要が急増しています。

COVID-19パンデミックは、有機小麦誘導体業界の状況を大きく変化させ、収益に損失が生じさせました。しかし、パンデミック後には、その多様な用途により、有機小麦由来の製品の需要は飛躍的に伸びることが期待されています。例えば、オーガニックトレードアソシエーションが発表したレポートによると、COVID-19パンデミックにより、消費者は健康的な天然素材の代替品を消費することを余儀なくされており、この変化は、オーガニック食品の需要を促進しました。さらに、有機小麦の栽培を促進する政府の積極的な施策は、今後の有機小麦誘導体市場の成長を促進すると期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]