レーザードップラー血流計の市場規模、2028年に7452万6570米ドル到達予測

レーザードップラー血流計の市場規模は、2020年の5008万4840米ドルから、2028年には7452万6570米ドルに達し、2021年から2028年にかけて5.2%のCAGRで成長すると見込まれています。

市場の成長を促進する主な要因は、心臓手術の増加と血流計の技術的進歩です。一方、血流計の高コストが市場の成長を抑制しています。レーザードップラー血流計は、ドップラー効果を利用して、微小血管構造を流れる血球の速度を管理します。血管に投影された赤い波長の入射光は、流速に応じてシフトした周波数で光を吸収・反射します。血流の測定には、光ファイバーやレーザープローブが用いられます。

アジア太平洋地域での灌流技術や血流計の導入は、欧州や北米に比べ低い水準にあります。パンデミックの際には、COVID-19の管理に重点が置かれるようになり、通常の外科手術は控えられました。加えて、既存の機器の広範な利用がレーザードップラー血流計市場の成長を妨げています。

心臓外科手術の増加

心臓手術は、患者の症状や根本的な原因に応じて行われます。過去数十年の間に、心臓手術は様々な問題に対応できるように進化してきました。心臓外科手術の数が大幅に増加していることは、レーザードップラー血流計市場の成長に有利な機会をもたらしています。例えば、2018年に米国の医療機関が発表したデータによると、米国では毎年、推定50万件の開心術が行われています。同様に、2020年にテキサス心臓研究所が発表したデータによると、国内では臓器提供者が不足しているにもかかわらず、毎年3400人以上が心臓移植を受けています。

心臓手術は急成長している市場であり、関連した多くの手術が増加しています。革新的な製品や技術の進歩は、治療可能な人口を増やすことで、市場の成長に拍車をかけています。さらに、米国では人口の平均年齢が上昇し続けているため、心臓外科手術の必要性が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]