関節痛注射の市場規模、2028年に69億9688万米ドル到達予測

関節痛注射の市場規模は、2020年の36億6745万米ドルから、2028年には69億9688万米ドルに達し、2021年から2028年の間に8.5%のCAGRで成長すると予測されています。

関節痛用の注射は、激しい痛みをより早く緩和し、関節の炎症を抑える効果があります。この市場では、コルチコステロイド注射、ヒアルロン酸(HA)注射、多血小板血漿(PRP)注射、胎盤組織マトリックス(PTM)注射などの種類があります。関節痛治療薬市場の成長は、筋骨格系疾患の有病率の高さやスポーツ傷害の増加などに起因しています。しかし、関節修復治療の高コストが、市場成長の妨げとなっています

筋骨格系疾患の高い罹患率

筋骨格系疾患とは、首、肩、手首、背中、腰、脚、膝、足などの筋肉、骨、関節に影響を及ぼす疾患です。これらの疾患には、腱鞘炎、手根管症候群、変形性関節症、関節リウマチ(RA)、線維筋痛症、骨折などがあります。2018年に更新された世界保健機関(WHO)のファクトシートによると、筋骨格系の疾患は世界の障害の2番目に大きな原因となっています。同書によると、筋骨格系疾患の有病率と影響は、人口の高齢化と世界的な非伝染性疾患(NCD)の危険因子の有病率の上昇に伴い、増加すると予想されています。2016年の米国整形外科学会の年次総会のデータによると、米国では成人の2人に1人が筋骨格系疾患に罹患しています。さらに、米国疾病予防管理センター(CDC)によると、米国では、重度の痛みを引き起こす関節炎に、毎年何百万人もの人々が罹患しています。関節炎患者の4人に1人、すなわち総患者数5400万人のうち1500万人が、関節炎に関連した激しい関節痛を経験しているといいます。

また、変形性関節症(OA)は、骨と骨の間にある関節軟骨が破壊されることによって起こる、米国で最も一般的な関節疾患の一つで、変性関節症や消耗性関節症とも呼ばれています。米国疾病管理予防センター(CDC)によると、米国では3250万人以上の成人が変形性関節症に苦しんでいます。同様に、国民保健サービス(NHS)によると、英国では1000万人以上の人が関節炎やその他の関節に影響を及ぼす同様の疾患を患っています。Bupa Health Insuranceによると、変形性関節症は英国で最も一般的な関節炎で、45歳以上の約3分の1、つまり875万人が罹患しています。筋骨格系疾患に対する治療法の増加とともに、世界各国で関節痛治療薬市場は成長しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]